Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本8月の求人は4ヶ月で1度目の悪化



2021年9月30日、東京で、マスクされた人々が渋谷地区の歩道を歩いているときに、男性が窓の近くに座った。 (AB写真/ユージン星子)

東京(京都)-コロナウイルスの発生に対する政府の緊急対応が増加したため、8月の日本の就職可能性は4ヶ月ぶりに低下した、と政府のデータは金曜日に示した。

厚生労働省によると、7月の求職率は1.15から1.14に引き下げられた。 比率は、求職者100人あたり114人です。

この最近の減少の前に、率は6月から7月まで0.02高かった。

総務省の別のデータによると、報告月の失業率は2.8%で、6月以来2番目の月間減少である7月から0.1ポイント減少した。

8月中、東京と沖縄の南の島の州でウイルスの緊急事態が発生し、それぞれ7月中旬と5月下旬に手術が課されました。

作戦は繰り返し拡大され、最終的には8月末までに日本の47の省で21の標的を標的とし、伝染性の高いデルタ変動によって感染が再発した。

人々は必需品のために外に出ないように求められ、レストランやバーはアルコールの提供を停止し、午後8時に閉店するため、緊急事態は消費と経済に大きな打撃を与えました。

「特にサービス部門では、流行が労働条件に与える影響は引き続き強い」と政府当局者は記者団に語った。

国内でのCOVID-19の症例数の最近の減少に続いて、ウイルスの緊急事態は金曜日に全国で完全に排除されました。

日本で完全ワクチン接種を受けている人の割合は人口の60%に近づいており、比較的ゆっくりとした解放の後、他の主要経済国に追いつき、本格的な景気回復への期待が高まっています。

READ  日銀の政策立案者は、日本の回復の遅れと中国の危険性について警告している