Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日産が日本でのセダンの成長を終わらせる

東京日記は、日産自動車が国内市場にスポーツユーティリティビークルが侵入したため、日本でのすべてのセダンの新しいバージョンの開発を終了することを知りました。

関係者によると、主要サプライヤーは金曜日まで計画を通知された。 日本で販売されている4つのセダンモデルはすべて、長期的なスカイラインを含め、成長の影響を受けます。

日産は開発計画についてコメントを控えた。

開発パイプラインを縮小することで、世界最大の自動車メーカーの1つであるルノーと三菱自動車が自動車、SUV、電気自動車などにさらに多くの費用を支払うことができるようになります。 海外向けセダンの成長は続く。

日産は、1957年に現在の世代に導入されたスカイラインと高級フカおよびシマセダン製品を発売するかどうかをまだ決定していません。 シルビーセダンの生産は2020年に完了した。

東京北部の​​自動車メーカーである栃木工場は、スカイラインなどのセダンの製造拠点となっています。 日産は今年中に新しいアリア電気自動車を統合し、最終的には工場を電気自動車に専念させる予定です。

スカイラインはまだ生産中の日産の最も古いモデルであり、深いファンベースを持っています。 しかし、セダンは若い世代の間で次のようなSUVの圧力にさらされています。

市場調査会社Marklineのデータによると、日産は2020年に4つのセダンモデルのうち5,800を販売し、新車販売のわずか1%を占めています。 このモデルが急上昇した1970年代のスカイラインの売上高は4年間で66万台でした。

日産セダンは海外でも好調で、2020年までに約95万台の主要市場で販売する。 2016年の約170万台から大幅に減少したものの、中国などで人気を博している。

ブランドカセットについては、日産はSUVとElectricにスカイラインの名前を使用することを検討します。

日産のセダンの成長を止める動きは、2020年5月に発表された2020年5月期のモデル数を5分の1に削減する計画の一環です。

自動車メーカーだけではありません-世界中の最高の自動車会社は、より多くのSUVや他のモデルを提供するときにセダンから離れています。

READ  バミューダでの日米紛争のSailGPドラマティック内部ビデオ