Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日産とヒュンダイは電気自動車モデルで日本の自動車愛好家を魅了

日産とヒュンダイは電気自動車モデルで日本の自動車愛好家を魅了

3年前から東京近郊に集まった自動車メーカーやチューニング会社によると、電気自動車には、長年にわたり多くの自動車愛好家を魅了してきた「不快な」エンジン音が欠けているかもしれないが、それでも見て楽しく、運転しても楽しいという。 。 日本車ファンを対象とした日替わりイベント。

日産自動車は1月12日、東京オートサロンで電動SUV「アリア」のスポーツカーコンセプトを発表した。

新型モデルは、エンジンの最高出力をベースのアリアに対して10%向上させ、力強い加速と安定性でファンを魅了する。 また、スポーツカーモデル専用に開発されたタイヤやホイールなどのパーツを装備し、よりスムーズな走行性能を実現しています。

3 日間にわたるこのイベントでは、レースカーや改造車両が展示され、カスタムカーや自動車関連製品の展示会としては世界最大規模の 1 つです。 1月12日から14日まで、370社以上の自動車会社が23万人の参加者を前に自社製品を発表した。

従来の化石燃料で動く自動車のユニークな機能や、カスタマイズによる自己表現の遊び場として魅力を感じるファンにとって、重いバッテリーに依存するため設計上の技術的な限界に直面する電気自動車の魔法は、依然としてほとんど謎のままだ。 気候変動に直面して、より多くのバッテリー駆動車を販売するという圧力が高まっているため、自動車業界はこの状況を変えようとしている。

イベントでは、日産自動車が電気自動車のモータースポーツ選手権であるフォーミュラEに参戦予定の電気レースカーを展示した。 自動車レースは、自動車メーカーが極限の条件下で競い合い、技術を向上させるための実験場として機能します。 日産は、フォーミュラE参戦で得た経験を量産電気自動車の開発に活かしています。

次戦は3月に初めて日本で開催される。 レースカーの開発に携わった日産のエンジニアによると、二酸化炭素を排出しないため「より持続可能な」と考えられる新しい形式のモータースポーツの独特の興奮で日本の自動車愛好家を魅了する機会となるだろう。

「フォーミュラEでは、フォーミュラ1ほどレースをいかに速く完走できるかが重視されていない。バッテリーに蓄えられるエネルギーには限界があるため、より戦略的だ」と同氏は語った。

市街地でもエンジン音が静かなため、大きな騒音もなくレースを開催できます。 「エンジンが発する独特な音も非常にエキサイティングなものであることを人々が発見してくれることを願っています」とエンジニアは語った。 ニッキ・アジア 同社ブースにて。

韓国のヒュンダイ自動車の日本法人であるヒュンダイモビリティジャパンも、同社の主力EVであるアイオニック5のスポーツカーコンセプトをデビューさせた。このEVコンセプトには、高性能のドライビングエクスペリエンスを高めるために専用に開発されたチューニングパーツのプロトタイプが搭載されている。電気自動車。 同社は軽量の自動車部品を使用しているため、ドライバーはバッテリーの重量にもかかわらず、意のままに車輪を制御できます。

ヒュンダイのNブランドマネジメントグループ副社長のパク・ジュン氏は1月12日のイベントで記者団に対し、「新興電気自動車市場に参入することで、電気自動車の性能基準を確立したい」と語った。 「当社の電気自動車のチューニング文化をお楽しみください」と彼は言いました。

ヒュンダイの従業員は、「自動車のチューニングは通常、ハードウェア部品を指すが、電気自動車の場合、互換性がより高いため、車両ソフトウェア開発を通じてカスタマイズを検討する余地がさらにある」と語った。 ニッキ・アジア

トヨタ自動車のブースでは、高級車レクサスブランドで開発したバッテリー駆動のスポーツカー特別バージョン「RZ 450e」を展示した。

日本の自動車部品・付属品小売業者オートバックスセブンは、中国のBYD、韓国のヒュンダイ、アメリカのテスラが生産する電気自動車の改良版を導入した。

同社の広報担当者は、同社のブースに電気自動車が展示されたのはこれが初めてだと述べた。 ニッキ・アジア。 「車両の動力がどのようなものであっても、オリジナルでパーソナライズされた車両を作りたいという需要は常に存在します。当社は電気自動車への移行に対応し、それらの需要に応え続けることを示したかったのです」と同氏は述べた。

この記事が最初に掲載されたのは ニッキ・アジア。 36Kr と日経新聞社との継続的なパートナーシップの一環として、ここに再掲載されました。

READ  日本政府では、女性はマネージャーレベルの仕事の5.9%しか占めていません。