Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日産はチップ不足のため5月に日本の生産を削減する

白木真希脚本の作品

東京(ロイター)-日産自動車は来月、日本のいくつかの工場で生産を削減する、と計画を直接知っている3つの情報筋が木曜日にロイターに語った。

計画が公表されていないため匿名を要求した筋は、日本で3番目に大きい自動車メーカーが5月10日から19日までの8日間、九州の工場で操業を停止すると述べた。

セレナミニバンやエクストレイルSUVなどを組み立てる工場は、チップの供給が戻ってきたら、失われた生産を補うことを目指しているという。

九州のオッパマ工場と日産車体工場の2つの国内組立工場は5月10日から28日までの15日間の夜間シフトをキャンセルし、東日本の栃木にある4番目の工場はこれまで計画されていなかったため廃業する来月10日。 情報筋は言った。

日産のスポークスマンは、「(世界的なチップの)不足のため、日産は生産を調整し、回復を確実にするために必要な措置を講じている」と詳細には触れずに述べた。

冬の嵐によるチップ不足と日本のチップメーカー工場での火災により、世界の自動車産業は数万台の車両を失い、北米で最大の影響を及ぼしました。

チップの不足は、人々が自宅で働き、健康危機の間に多くのビデオゲームをプレイしたため、家電業界からの需要が高まった結果でもあります。 中国のハイテク企業に対する制裁も役割を果たしてきました。

日本のいくつかの自動車工場は、4月下旬に始まる「ゴールデンウィーク」の休暇の一環として、2週間近く閉鎖される予定です。 情報筋によると、最新の決定により、日産九州工場は7日間しか稼働しないという。

日産USAは以前、北米事業の生産調整を発表しました。

(白木真希作。キム・チャンラン作。デビッド・ドランとマーク・ポッター編集)

READ  クイーンズパークレンジャーズ2-2バーンズリー:チャーリーオースティンがホッブズのゴールを救う