Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日立は職場でのマスクガイドラインを緩和します





このファイル画像は、日立製作所のロゴを示しています。 (毎日)

東京(京堂)-日立製作所は火曜日、従業員は話さない限りフェイスマスクを脱ぐことができ、職場で社会的距離を置くことを実践し、日本の保健省の見解に沿ったマスクガイドラインを促進すると述べた。

約160社の従業員約15万人を対象とする同国の産業コングロマリットの動きは、今月初め、屋外と屋内の特定の条件下で人々がフェイスマスクを着用する必要がないと同省が述べた後のことです。

日立は、従業員が常にマスクを着用することを推奨しています。 しかし、同社の新基準では、2メートル以上の距離を保っている限り、話しているときでも屋外でマスクを使用する必要はありません。

しかし、同社は、従業員が話していなくても2メートルの距離を維持できない場合は、屋内で「マスクの着用を強くお勧めします」と述べています。

コロナウイルスと戦うためにどれだけの人がフェイスカバーを着用し続ける必要があるかについての公開討論が活発になっているため、主要な産業コングロマリットによるマスクガイドラインの緩和は他の日本企業に道を開くかもしれません。

COVID-19に対するワクチン接種の進展に伴い、海外でのマスクの要件は緩和されていますが、日本の国民の大部分は、職場、学校、公共の場所でマスクを着用するという政府の要求に依然として応じています。

日本政府は最近、夏が熱射病のリスクに近づくにつれて、屋外でマスクを着用することは人々に社会的距離を与える必要はないと述べました。

日立は、グループの従業員に、健康状態の監視や換気の確保など、コロナウイルスに対処するための適切な対策を講じることを引き続き要求すると述べた。

READ  天文学者たちは今、月に打ち上げようとしているロケットはファルコン9ではないと言います