Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米、北朝鮮のミサイルについて話し合う韓国のFM会議

米国務省は、日本、米国、韓国のトップ外交官が、北朝鮮からの脅威について話し合うためにハワイで会談することを発表しました。

当局者は金曜日、アントニー・ブリンケン国務長官が2月12日にハワイのホノルルで日本の林芳正外相と韓国の鄭義溶外相を迎えると述べた。

北朝鮮の核・ミサイル計画からの脅威に対処し、世界的な課題に立ち向かうために、三国協力を深めるために三国が会合するだろうと述べた。

北朝鮮は先月ミサイルを7回テスト発射した。

1月30日に発射された火星12型中距離弾道ミサイルの推定射程は最大5,000キロメートルです。 これは、米軍基地が位置するグアムの米国領土に到達するのに十分です。

ワシントンは、国連安保理決議の違反としてテストを非難しました。 北朝鮮は非核化に向けた二国間対話を再開するよう求めているが、北朝鮮は同意していない。

金曜日に、米国務省はまた、ブリンケンが2月9日から12日までオーストラリアを訪問している間、クワッド同盟の外相会議に出席すると述べた。クワッドパートナーシップには、日本、米国、オーストラリア、インドが含まれる。

READ  日米の資産運用会社がXPフィーダーの金融取引でブラジルに参入