Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米はキオクシアとチップセキュリティの未来をめぐって争う

東京/ワシントン-金曜日に元東芝メモリユニットのキオクシアホールディングスは、米国の幹部と通信するためのオンライン取締役会を開催しました。計画は、最初の公募に向けたプロセスを開始し、東京証券取引所への申請を承認することでした。 このアイテムは議題から削除されました。

IPOは2020年に東京証券取引所によって承認されましたが、米中貿易戦争のために計画は脱線し、利益を損ないました。 それ以来、Western Digitalとの合併など、新しいオプションが登場しました。

しかし、半導体部門で日米の絆を築くことは、中国の台頭に立ち向かう物語にふさわしいものですが、同盟国は、そのような主要産業に対する過度の支配権を引き継ぐことに敏感です。 半導体はデータコミュニティの要であり、両国は自国のチップ産業を後押しすることに熱心です。 この取引は、今後数年間で日米同盟がどのようになるかについてのテストケースになる可能性があります。

4月16日にワシントンで開催された日米首脳会談では、ジョー・バイデン大統領と菅義偉首相が台湾海峡の状況についてどのように話し合ったかに焦点が当てられた。 しかし、もう1つの主要なトピックは半導体です。

バイデン氏は共同記者会見で、「私たちはさまざまな分野で協力します」と述べ、安全で信頼性の高い5Gネットワ​​ークの促進から始まり、半導体などの重要なセクターのサプライチェーンコラボレーションを強化し、この分野での共同研究を主導します。 人工知能、ゲノミクス、量子コンピューティングなど。」

米国側は、先進的な半導体を開発するために、日本と欧州連合との共同基金を設立することを提案した。

ワシントンが東京と協力したい理由は、ハイテクの分野で世界市場を席巻している中国と競争するためです。 現在、多くの米国のチップ企業はファブレットを使用しておらず、世界の生産における米国の市場シェアは、1990年の37%から2020年には12%に低下しています。

これは、重要な供給を中国に依存することの危険性を示しています。

バイデン政権と議会は、半導体生産を後押しするために500億ドル以上を割り当てる法案を検討しています。 アイデアは、日本や韓国などの同盟国からのメモリチップの購入を増やして、米国での高度な半導体製造に投資することです。

Western Digitalのオフィスビルは、カリフォルニア州アーバインにあります。 同社は、キオクシアの法人組織が米国に拠点を置くことを好む可能性があります。 ©ロイター

Biden-Sugaサミットの頃、WDとKioxiaのビジネス統合についての話し合いが勢いを増しました。 このような合併は、首脳が構想した日米の半導体協力にうまく適合しているとの考えでした。

「私たちはキオクシアに素晴らしいパートナーを持っていると思います。私たちは一緒に未来を実現することを楽しみにしています」とWDのCEOであるDavidGoeklerはBidenShugaサミット後のインタビューで日経に語った。

Goeckelerは、COVID-19のハードルにもかかわらず、何度か日本を訪れました。

ハードドライブの主要プレーヤーであるWDは、2016年にSanDiskを買収してメモリスペースに参入しました。Kioxiaとの合併に成功した場合、規模は市場のリーダーであるSamsungElectronicsに匹敵します。

しかし、キオクシアはWDを飲み込むことに消極的でした。 日本企業がリードパートナーとなるカウンターオファーを行っています。 一方、東芝とベインキャピタルの大株主は、株主への還元を熱望しており、最も簡単な現金化ルートであるIPOを支持すると言われていました。 進行が停止しました。

しかし、交渉は継続され、新たに合併された事業体における平等なパートナーシップや取締役会の議席の共有など、多くの妥協がもたらされました。

争点の主なポイントは、本社の場所でした。 WDは、会社が税務上の目的で米国であると主張したと考えられています。

しかし、半導体産業を復活させたいという願望は、日本でも同様に強いです。 日本の製造業者の世界市場シェアは2019年に10%に低下しました。国内需要の64.2%はすでに輸入に依存しています。 経済産業省は、安全保障上の懸念がない国からチップ工場を誘致することに飢えています。

経済産業省内では、多くの関係者が、工場や高付加価値の研究開発の仕事を日本に残す必要があるという立場を取っています。

チップ戦略に焦点を当てるために5月に発足した与党自由民主党内のグループも開発を注意深く見守っている。 メンバーの一人は、「合併後の会社が平等な投資を行う日本の事業体であり続けるならば、それを歓迎する」と述べ、本社を米国に移転することは容認できないと述べた。

中国には、国内の半導体の割合を70%に引き上げるための巨額の補助金プログラムがあります。 アメリカの業界団体は、中国では先進的な工場の設立と運営のコストが30%安いと計算しており、その半分は公的資金によるものです。

一方、日本と米国は生産を台湾に依存しています。 台湾はまた、高度なロジック半導体の生産能力の90%以上、すべての半導体の20%を占めています。 島に対する中国の軍事的圧力が高まるにつれ、米国と日本は代替の情報源を見つけるよう圧力をかけられている。

READ  日本と韓国の企業との9億8600万リンギット相当の輸出取引