Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米は硫黄島での戦争で亡くなった人々を記念します

日米の人々のグループは、第二次世界大戦の退役軍人のために、太平洋の硫黄島で追悼式を行いました。

[1945年の戦争の終わりに、硫黄島としても知られる島は、約21900人の日本兵と約6800人の米兵を失った。[1945ஆம்ஆண்டுபோரின்முடிவில்ஐவோஜிமாஎன்றும்அழைக்கப்படும்தீவில்சுமார்21900ஜப்பானியவீரர்களும்சுமார்6800அமெரிக்கப்படைவீரர்களும்உயிரிழந்தனர்

日米合同祭は通常毎年3月に開催されます。 しかし、コロナウイルスに感染したため、参加者は約40名に減り、今年のフェスティバルは土曜日に開催されました。

式典では、戦死した日本兵家族組織の寺本哲郎会長が参加者に語りかけました。

彼は、両国の平和と繁栄は、自国、地域社会、家族を愛した勇敢な兵士の名誉ある犠牲と両国の市民の勤勉さに基づいていることを忘れてはならないと述べた。

日本の米国大使館のカリン・ロング副大統領は、戦後、日米は敵意を捨て、和解を受け入れ、友情と連帯を促進し、世界の他の地域の先例を作ったと述べた。

彼は、この相互のコミットメントを通じて、両国の人々の奉仕と犠牲が永遠に記憶されるだろうと述べました。

参加者は花を払い、犠牲者に黙って支払いました。

READ  日本チームが世界初の脊髄幹細胞検査を実施