Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米オリンピック柔道コーチが104歳で死去 – AsAmNews

日米オリンピック柔道コーチが104歳で死去 – AsAmNews

1964年に柔道の最初の米国オリンピックチームを指導した男性が104歳で死去した。

サンノゼ州立のヨシヒロ・“ヨシュ”・ウチダ氏は、22人のオリンピック選手を指導し、そのうち4人がメダルを獲得したとされている。 KQED レポート彼は亡くなるまで活動を続け、キャンパス内にある彼の名を冠した建物で柔道の練習を見守り、アドバイスをする姿がよく見られました。

米国柔道連盟事務局長ロバート・フクダ氏はKQEDに対し、「誰かが間違ったことをしていれば、彼は間違いを正すためにそこにいた。それは素晴らしかった。彼はとてもクールな男だった」と語った。 「彼のような人物が他に現れるまでには長い時間がかかるだろう、それは私が保証できることだ」

内田氏はサンノゼ州立大学を全国タイトルを40回獲得する全国的な柔道強豪国に変えた功績が認められている。 彼はしばしば、そのすべてが皮肉であると感じ、「私は父を強制収容所に投げ込んだ国の代表としてここにいる」と述べた。 イーストベイ・タイムズ紙

彼の両親は彼に日本文化について少し教える方法として柔道を始めるよう勧めました。 彼は 1940 年にサンノゼ州立大学の工学プログラムに入学しました。大学にフットボールチームがあると聞いてキャンパスに惹かれましたが、すぐに柔道の学生コーチになりました。

彼の大学時代は任務の要請により中断された。 によれば、彼は陸軍に4年間勤務し、米国で医療技術者として働いていたという。 サンノゼの日系アメリカ人博物館

彼はまた、国内にわずか 3 つしか残っていないサンノゼのジャパン ネイバーフッドの 1 つであるサンノゼのジャパン ネイバーフッドを活性化するための 8,000 万ドルの資金確保にも貢献したとされています。

サンノゼ州立大学は 1996 年に彼をスポーツ殿堂入りさせました。

「ジョシュが私たちの大学だけでなく、私たちの国、そして世界に与えた影響を非常に誇りに思い、感謝しています」と大学学長のシンシア・テネンティ=マットソンは述べた。 サンフランシスコ・クロニクル。 「私たちの思いと祈りは、内田家、そしてYoshを知っていた多くの友人、アスリート、スパルタ人たちとともにあります。」

AsAmNews は非営利の Asian American Media Inc. によって発行されています。 私たちに従ってください フェイスブックX、インスタグラムチクタク そして ユーチューブ。 これを考慮してください 税控除の対象となる寄付をする AAPI コミュニティに関する多様なコンテンツを制作する取り組みをサポートするため。 私たちはカリフォルニア州からの資金提供とカリフォルニア州による運営によって部分的に支援されています。 カリフォルニア州立図書館 との協力で カリフォルニア州社会福祉局 そしてその アジア太平洋諸島民問題に関するカリフォルニア委員会 の一環として 憎しみをやめてください プログラム。 ヘイトインシデントやヘイトクライムを報告し、サポートを受けるには、次のサイトにアクセスしてください。 CA 対ヘイト

READ  ホッケー選手の打ちひしがれた婚約者は、家族や友人たちが彼の人生を祝う中、彼のことを考えるのは「決してやめられない」と語る