Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米両国はホワイトハウス会議で同盟関係を再確認する

2021年5月

ジョー・バイデン米大統領と菅義偉首相は、4月16日にホワイトハウスで開かれたバイデン大統領と外国人指導者との最初の個人会合で、日米同盟を「インドの平和と安全の要」と強く再確認した。 -太平洋地域と世界中。」 首脳はまた、「自由で開かれたインド洋地域に対する共通のビジョン」についても述べた。 [region] 普遍的な価値観、共通の原則、包摂的な経済的繁栄の促進に対する私たちのコミットメントに基づいています。」

米国のジョー・バイデン大統領と菅義偉首相は、4月16日にワシントンDCのホワイトハウスのローズガーデンで行われた共同記者会見に参加します。  (写真:マンデルンガン/ゲッティイメージズ経由のAFP)会見後の記者会見で、バイデンは、日本の防衛に対する米国のコミットメントと「私たちの共通の安全に対する強力な支援」を強調した。

首脳の共同コミュニケは、COVID-19と気候変動による世界的な脅威、香港と中国の新疆ウイグル自治区のウイグル人の間の人権、北朝鮮の非核化など、いくつかの戦略的懸念に焦点を当てた。

彼らは、「経済的および他の形態の強制の使用を含む、規則に基づく国際秩序と矛盾する中国の活動についての懸念」を表明した。 彼らは、「東シナ海の現状を変える一方的な試みに反対し」、台湾海峡全体の平和と安定の重要性を強調し、南シナ海での中国の「違法な海事活動」に反対すると述べた。 彼らは、5G通信技術の迅速で安全かつオープンな開発に共同で取り組み、「信頼できるベンダーに依存する」ことを約束しました。 彼らはまた、「共通の利益の分野で」中国と協力する必要性を認識した。

日米同盟を強化するという彼らのビジョンは、1960年に両国が署名した相互協力と安全保障に関する条約の一環として日本に国防能力を強化させることに基づいている。インターネット」と宇宙、そして拡張された抑止力を強化すること。

これには、一部の米海兵隊を沖縄からグアムに移転し、カルテット、東南アジア諸国連合、韓国との三国同盟などの同盟国やパートナーと協力する計画の追求が含まれます。

声明の中で、ワシントンの中国大使館は、香港、新疆ウイグル自治区、南シナ海に関するバイデン・スガのコメントを「有害」であり、「二国間関係の通常の発展の範囲を超えている」と述べた。 台湾総統のスポークスマン、ザビエル・チャンは共同声明を受け入れ、「台湾海峡全体の平和と安定の重要性」を強調した。—SNG-MIN KIM

READ  東芝の第2株主が同社に求婚者を公に探すよう要請する