Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米抑止強化対話 > 米国国防総省 > 解放に関する共同声明

日米抑止強化対話 > 米国国防総省 > 解放に関する共同声明

2023年6月26~27日、米国政府と日本政府はミズーリ州ホワイトマン空軍基地で拡大抑止対話(EDD)を開催した。 日米同盟の核心である拡大抑止を維持し強化する方法を議論する。 日本側としては、外務省北米局次長、Mr. 宮本慎吾氏と防衛省防衛政策局次長安藤篤が共同会長を務めた。 米国側では、軍備管理・検証・遵守担当次官、Ms. アレクサンドラ・ベルと副次官補リチャード・ジョンソンが副大統領を務めた。 国防総省国防長官室の政策。

このEDD会議は、拡大抑止力を強化するというバイデン大統領と岸田首相の共通のコミットメントにも貢献した。 EDD期間中、米国と日本は拡大抑止について徹底的な議論を行い、関連する二国間協力をさらに強化するための措置について協議した。 首脳は、地域の安全保障環境、戦略的軍備管理とリスク軽減の機会、地域抑止に貢献する通常型核能力と米国の核能力を検討し、抑止効果を向上させるために同盟の軍事態勢と行動を改善することの重要性を強調した。

米国は、この地域における米国の戦略的資産の認知度を高めるというコミットメントを繰り返した。 両国は、潜在的な攻撃に対する防衛と核配備の阻止に向けて同盟をさらに準備するため、情報共有の強化、訓練、机上演習の利用を含む演習を通じて同盟協力を深める方法を引き続き模索していく。 双方は、連携を改善し、同盟の能力を強化し、敵のミサイルの脅威に対する態勢を整えることを約束した。 双方は、抑止力を強化するための三国間および多国間協力の重要性について議論した。

また、両国は机上演習を開催したが、これは引き続きEDD会議の議題に含まれており、有志連合の抑止努力を調整する方法を議論した。

参加者はホワイトマン空軍基地での作戦について説明を受け、B-2フライトシミュレーターを体験し、B-2戦略爆撃機と退役したミニットマンIIミサイル管制センターを視察した。

READ  日本の平均寿命は中部地方で最も高い