Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米拡大予防対話

日米両国は、2021年4月30日、ビデオ通信を介して、延長されたブロッキング二国間対話を開催した。 対話は、両国政府が地域安全保障、連立安全保障態勢、核およびミサイル防衛政策について詳細な議論を行う機会を提供しました。 軍備管理の問題。 2010年以来、日米連立当局者が安全保障と防衛の協力の一環として封鎖を維持および強化する方法について話し合うためのフォーラムを提供してきました。 会話の長寿は、核兵器を含むその能力の最大限の範囲で日本を保護するという米国の揺るぎないコミットメントを裏付けています。

会議の議長は、軍備管理、検証、コンプライアンス担当国務次官補のアレクサンドラ・ベルと、核およびミサイル防衛政策の国防総省の主席長であるブラッド・クラークが務めた。 日本政府の共同議長は、北米外務省の有馬豊副局長と国防省の防衛政策副局長の大和トロが共同議長を務めた。

/公開リリース。 この素材はオリジンシステムからのものであり、明確さ、歩行、長さのために編集された、ポイントタイムの性質のものである可能性があります。 完全に見る ここに

READ  日本の次世代H3ロケットは、打ち上げコストを抑えながら、世界的な成功を目指しています