Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米欧は模倣品対策を強化

日米欧は模倣品対策を強化

日本、米国、欧州連合(EU)は、オンライン市場運営者と協力して模倣品の違法取引への対策を強化する予定であると関係筋が土曜日に明らかにした。

経済協力開発機構はこの取り組みにおいて重要な役割を果たしており、志を同じくするパートナーである Amazon.com Inc. および楽天グループ株式会社などのオンラインマーケットプレイス運営者と協力し、2025年以降までにガイドラインの策定を目指すとしている。 オンライン取引による偽ブランド商品。

2022年10月に撮影された写真には、大阪府茨木市の茨木警察署で押収された偽ブランド品が写っている。 (京都)

模倣品の経済的影響は広範囲かつ甚大なものとなっており、中国をはじめとする新興国では多くの模倣品が製造・販売されています。

関係者らは、高所得国を中心とするOECDが発展途上国のネット販売業者に圧力をかけるのは難しいため、オンラインマーケットプレイスの運営者も参加して対策を議論することが重要だと述べた。

OECDは2022年末までに偽造品対策のタスクフォースを設置し、先月この問題に関する政府レベルの議論を開始した。

OECDはガイドラインを設定することで、靴、衣類、バッグ、化粧品などの偽造品の取引を抑制する取り組みを強化するよう事業者に促している。 また、政府には偽造品撲滅のための法律の制定も期待している。

オンラインマーケットプレイスの運営者はガイドラインに基づき、知的財産権を侵害された企業が適切な法的措置を講じることができるよう、販売者の身元確認を厳格化することが義務付けられる。

READ  デジタルプロジェクトは日本の昔をよみがえらせる