Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米演習で初めて中国を仮想敵国認定

日米演習で初めて中国を仮想敵国認定

中国政府による将来の台湾侵攻の可能性に対する懸念が高まる中、日本の自衛隊と米軍が共同指揮訓練で初めて中国を仮想敵国と宣言したと政府筋が日曜日に発表した。

コンピューターシミュレーション演習は2月1日に始まり木曜日まで予定されており、台湾では非常事態となっている。 かつて敵を指すときに使われていた仮の名前。

日本の防衛省はこの映像を国の秘密法に基づく特定秘密に指定したとみられる。

2024年1月25日、東京の防衛省での記者会見で語る吉田義秀統合参謀総長。 (京都)

地政学的な緊張が高まる中、中国が数年以内に台湾に対して行動を起こす可能性があるとの懸念が高まる中で、この動きは緊迫感が高まっていることを反映している。

米国中央情報局のウィリアム・バーンズ長官は昨年2月、中国の習近平国家主席が自国の軍隊に2027年までに台湾侵攻の準備を整えるよう指示したと述べた。

日米両国は緊急事態を考慮した複数の共同行動計画を策定しており、台湾に関する草案も昨年末に完成した。

現在進行中の「キーン・エッジ」演習の結果は今年末までにまとめられる最終計画に反映される予定で、軍隊は2025年に実写の「キーン・ソード」演習を検証する予定だ。 パフォーマンス。

各国はこれまで、計画が漏洩した場合の反発を避けるため、実際の国の地形とは若干異なる地図を使用してきたが、今回の演習では変更されていないバージョンが使用された。

日米両国は1986年から共同訓練を開始し、両国は年に1回「キーン・エッジ」訓練と「キーン・ソード」訓練を実施した。

防衛省の吉田義秀統合幕僚長は25日の記者会見で「特定の国や地域は想定していない」と述べた。


関連報道:

中国艦船が日本の自衛隊機に尖閣付近の空域から退去するよう警告

日中韓3カ国首脳会談は5月以降に開催される見通し

中国の海峡横断空路転換で台湾の抗議活動が勃発


READ  衝撃的:トレバー・バウアーは日本で輝く