Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米金利経路の乖離により、円賃金不足が続く

日米金利経路の乖離により、円賃金不足が続く

(ブルームバーグ):日米の金利差により、トレーダーらは依然として円に賭けており、通貨の行き詰まりを加速させるためにここ数週間で当局が介入する可能性があるとの見方を示している。

ブルームバーグで最も読まれた記事

商品先物取引委員会が金曜日に発表したデータによると、ヘッジファンドは先物に結び付けられた7万7000以上の契約を保有している。 データによると、資産運用会社は弱気の予想を約6,500契約増やして6万契約近くに達し、3月以来最大の増加となった。

ここ数日、ボラティリティーが緩和し、当局が為替市場にさらに参入する勢いが一部高まっているものの、日本の超低金利と米国の金利差により、円に対する圧力は20年ぶりの高水準にある。 同業10カ国中、通貨は過去1年間で12%下落した。 CFTCは、ブルームバーグがまとめたデータビューで追跡されている主要通貨の中で最も短い通貨です。

これは、「FRBは今年1、2回利下げする可能性があり、日銀は再び利上げする可能性があるが、それでも大きな金利差が残るだろう」ということを意味するとジェフリーズ・フィナンシャル・グループの外為部門グローバル責任者、ブラッド・ベクテル氏は述べた。 水準が大きく変化するには、日銀がよりタカ派的になるか、中銀がより弱気的になる必要があるが、「どちらも可能性は低いようだ」と同氏は述べた。

通貨安を受けて海外ファンドは4月下旬、円のラフポジションを過去最高水準まで増やした。 日本当局の介入で円相場は失速した可能性があるが、対円で賭ける契約数が増加し続けているため、一部のトレーダーはここ数週間で賭け金を削減している。

このデータは、水曜日に米国のインフレ報告が物価圧力の緩和を指摘したことを受けて日本通貨が得た短期的な上昇を反映していなかった。

CPIの発表により、中央銀行が今年複数回利下げし、現在の上限である5.5%からドルを圧迫し、円を押し上げる可能性があるとの見方が生まれた。 市場は今年のFRB利下げに伴う40ベーシスポイント(bp)の代替政策を織り込んでおり、トレーダーらは日銀が現行の0%から0.1%のレンジから約25ベーシスポイント(bp)利上げすると予想している。

日銀は3月にマイナス金利政策を終了したが、市場は停滞リスクにより政策が制限されており、追加利上げの規模については推測を続けている。

円は今週ほとんど変わらず、金曜午後のニューヨーク市場では1ドル=155.70円付近で取引されていた。

ドイツ銀行のストラテジスト、アラン・ラスキン氏は今回の発表に先立ち、「円ショートは依然として非常に積極的で、非常に高い水準にとどまるだろう」と述べた。

–カーター・ジョンソン氏の協力を得て。

(市場全体の CFTC データを更新します。)

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ LP

READ  アークの勝者アルピニスタは、スカッパーズ ジャパン カップ入札で負傷により引退