Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米間の気候協力のターニングポイントは? -外交官

彼の最初の本で 記者会見 日本の首相に指名された岸田文雄は、気候変動に対抗するための戦略を立てるどころか、気候変動について特に言及しなかった。 国際的な気候政策における日本の立場は、米国、欧州連合、中国よりもはるかに注目されていません。 しかし、世界第3位の経済大国であり、温室効果ガスの第5位の排出国である日本の行動は、気候変動との世界的な戦いにおいて非常に重要です。

日本の気候政策を理解するためには、まず、それが米国の気候政策と密接に関連していることを理解する必要があります。 私たちが知っているように 精液 出版物 日本の気候政策に関して、2001年の京都議定書からの米国の撤退は、米国の介入なしの気候行動が日本経済に有害であるという強い物語を日本に引き起こした。 何年もの間、これは「不十分すぎる「ClimatePolicyWatchdog、ClimateActionTrackerによる。

ジョージ・W・ブッシュ大統領の下での米国の気候政策は、政策立案者が批判されたとき、米国がもっと怠慢だったと常に反論することができたので、日本人の怠慢の言い訳を提供した。 オバマ政権は国際的な気候政策においてリーダーシップを発揮することに熱心であったが、より野心的な気候目標を採用するよう日本に真剣に圧力をかけることを差し控えた。 言うまでもなく、環境破壊的なトランプ政権下でも圧力はかかっていません。

日本の外交政策は米国の圧力を受けることで悪名高いので、これは重要です。 ワシントンからのそのような圧力を表す日本語の言葉があるほどです。 ビエス。 日本の歴史的な米軍の保護への依存を考えると、東京の政策立案者は米国の要求と利益に非常に敏感です。 政治学者にとって、アメリカの圧力の役割を説明せずに日本の外交政策を説明しようとすることはほとんど信じられない。 これまでのところアメリカの圧力がないため、日本はそれほど緊急を要することなく気候変動に対処することが容易になっています。

2011年3月の福島原発事故により、より積極的な日本の気候政策への期待が打ち砕かれました。原発事故と原子力安全の欠如に対する国民の怒りに応えて、政府は日本の原子力発電所を閉鎖することを選択しました。 政府として 原子力発電所の再起動に苦労エネルギー需要を満たすために他の供給源に頼ってきました。 いくつかは 再生可能エネルギーの進歩 2011年以降に製造され、2010年から2019年の間に総発電量の9.5%から18%に増加した日本は、依然として石炭に大きく依存しており、はるかに汚れた化石燃料です。 2019年、石炭はカウントされました 32パーセントも 日本のエネルギーミックスの。 原発事故から10年が経ち、日本は待望のエネルギー・気候政策の調整を行う時が来ました。

この記事を楽しんでいますか? フルアクセスにサインアップするには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

2021年には1つ違いがあり、それが決定的な要因になる可能性があります。それは、気候危機に取り組むよう他国に圧力をかけるバイデン政権の意欲です。 で 日本における気候変動談話の分析菅義偉前首相は、トランプ大統領時代の日本の議会討論で気候変動について話したことはなかったが、次期バイデン政権からの圧力を予想して、日米が協力すべき問題として気候変動について議論し始めた。

アメリカの圧力に対する菅の不安は正当化されることがわかった。 今年の4月に米国で行われた最初の対面会議で、バイデン 彼は日本に対し、2030年の野心的で具体的な排出削減目標を設定するよう求めた。 2020年に菅政府が発表した2050年のカーボンニュートラル目標に実質を追加するため。その直後に開催されたバイデン気候リーダーサミットで、菅は2030年までに日本が温室効果ガス排出量を削減すると発表した。 少なくとも46%、50%をターゲット2013年の水準と比較して。これを達成するために、日本政府は最近、再生可能エネルギーの目標を 22〜24〜36〜38パーセント これらの目標は、2015年のパリ協定に基づいて日本が最初に発表した不鮮明な目標の遅れた改善によって特徴づけられました。その結果、Climate Action Trackerは、日本の気候政策を「非常に不十分」から「のみ」に引き上げました。不十分。 「」

東京の気候政策評価が、いくつかの前向きな進展にもかかわらず、それ以上改善されなかった理由は、日本の石炭への継続的な支援である。 日本政府は依然として2030年までに電力の19%を石炭から生産することを計画しています。政府は昨年、2030年までに100近くの古くて非効率的な石炭火力発電所を閉鎖することを決定しました。 新しい石炭火力発電所を建設する計画はキャンセルされました現在建設中のプラントが完成します。 これは、日本がすぐに石炭を段階的に廃止する可能性が低いことを意味します。

4月、米国務長官のAnthony Blinkenは、これらの国々は引き続き石炭に依存し、石炭火力発電所に投資していると述べた。アメリカから連絡があります。 実際、バイデンが就任して以来、米国は日本に海外での石炭火力発電プロジェクトへの資金提供をやめるよう圧力をかけている。私たちが話した匿名の気候金融専門家によると、これは主に舞台裏で起こり、日本の石炭政策に対する米国の圧力を示唆している。日本の排出目標に対する圧力よりもはるかにオープンではなかった。

菅は6月のG7会合で、日本がそうすると発表したが 海外の石炭火力発電プロジェクトへの補助金終了 歓迎すべきことに、重要な警告がありました。日本はすでに進行中のプロジェクトを終了せず、この発表は日本の当局が高効率の石炭火力発電所と呼ぶものには適用されない可能性があります。 後者は単に、石炭をより効率的に燃焼するが、それでも大量の二酸化炭素を排出する新世代の石炭火力発電所を指し、オフショア石炭火力プロジェクトに対する政府の継続的な支援のために裏口を大きく開いたままにします。 日本はまだ独自の石炭政策を設定するには程遠い 1.5°Cのパリ協定目標に沿って

今年の初め、バイデンとスガ 約束 「気候危機を日米二国間パートナーシップの柱」とし、「温暖化の限界である1.5℃を手の届く範囲に保つよう努力する」こと。 米国と日本が気候変動のリーダーシップに対する彼らの表明された野心を実現する機会の窓がありますが、緊急性のためにそれは急速に閉じています。」広範で、急速で、激しい気候危機日本と同様に、バイデン政権の気候政策は依然として検討されています不十分気候行動トラッカー。確かに、最新 E3G石炭スコアカード G7諸国の石炭政策のうち、米国と日本はそれぞれ5位と7位でした。 明らかに、両国にとっては長い道のりがあります。

11月初旬にグラスゴーで国連気候サミットが開催される1か月も経たないうちに、世界は岸田とバイデンの気候変動に対する行動を監視することになります。 バイデンは前任者の約束を確実に思い出させるので、岸田の気候変動に対する祝福された無知は長くは続かないかもしれない。 これには、石炭火力発電所の建設と資金調達をやめるようにという日本へのより多くの国民の圧力が含まれるべきです。 菅前首相は「アメリカは日本の親友です。 彼らがあなたに言われる必要がある難しい真実をあなたに言わないならば、親友は何ですか?

READ  日本の会社Skylarkが非接触型ダイニング用のロボットウェイターを紹介