Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米韓、三国の関係を深める新たな連携体制に注目

日米韓、三国の関係を深める新たな連携体制に注目






左から、日本の岡野正隆外務次官、カート・キャンベル米国務副長官、韓国のキム・ホンギュン第一外務次官が2024年5月31日、ワシントン近郊のバージニア州の小さな村にあるキャンベルの農家で記者会見する。 (京都)

ワシントン(京都)-日本、米国、韓国の第2位外交官は金曜日、北朝鮮や地域と世界の安定に対するその他の課題に関して緊密な連携を継続することで合意した。 ポリシーを調整するためです。

カート・キャンベル米国務副長官は、ワシントン近郊のバージニア州の小さな村にある農家で日本と韓国の関係者を対象に開いた会合の冒頭、構想されている組織は「一種の事務局」になるだろうと述べた。

キャンベル氏は報道陣に対し、3カ国は今後数カ月以内に首脳会談を行う準備を進めていると述べ、「これは我々にとって今年の残り期間で非常に高い優先事項だ」と述べた。

三者協議は、ジョー・バイデン米大統領が主催する大西洋同盟創設75周年を記念するNATO首脳会議に合わせて、7月上旬にワシントンで開催される可能性がある。

過去2年と同様、日本の岸田文雄首相と韓国の尹錫悦大統領が、オーストラリアやニュージーランドを含むアジア太平洋のパートナー4国の首脳としてNATO首脳会議に招待される見通しだ。

キャンベル外務次官と韓国の金弘均第1外務次官との会談に先立ち、日本の岡野正孝外務次官は「協力すればするほど、より多くのことを達成できる」と述べた。

昨年8月にワシントン近郊キャンプデービッドの米大統領保養地で開催された日中韓首脳会談以降、3か国は中国の政治的・経済的影響力の増大に焦点を当て、北東アジアだけでなく世界的に協力の範囲を拡大している。

最近、北朝鮮がミサイル技術実験を再開し、次官会談が行われた。 月曜日、北朝鮮が日本海に向けて10発以上の短距離弾道ミサイルを発射実験してから3日後、軍事偵察衛星の打ち上げの試みは失敗した。

米国務省によると、3人はいくつかの国連安全保障理事会決議に違反する北朝鮮の最近の行動を「強く非難」した。

さらに北朝鮮に対し、「前提条件なしで」3国と「実質的な対話」を行うよう求めた。

キャンベル氏は、報道陣が利用可能になった際、バイデン政権が北朝鮮当局者に対し、中国に対し「そのような行動を控え、3カ国がテーブルに載せている対話と外交的譲歩を受け入れる」よう圧力をかけるよう要請したと述べた。

同氏は「ロシアに危険な軍事装備を供給するという点で北朝鮮がとった行動の一部についても懸念を抱いているのではないか」と付け加えた。

同省は、北朝鮮とは別に、3者がインド太平洋とより広い世界が自由、開かれ、安全であり続けることを確保するために重要とみなされるさまざまな問題について話し合ったことを示した。

これらには、ウクライナの復興支援とロシア侵略の責任を追及する取り組み、台湾周辺の状況および経済安全保障の強化、新興技術に関する協力強化が含まれる。

同省は声明で「われわれが共有する野心と価値観は今後もわれわれの努力の指針となり、民主主義とルールに基づく国際システムを守りながら繁栄を増進することに結びつくだろう」と述べた。

外交官らは、今年後半にソウルで再会すると述べた。

READ  半裸の男たちが冷水を浴びながら日本の街を熱狂的に駆け巡るユニークな祭り