Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日経は世界的な景気回復への期待から高まっている

投資家が世界経済の回復から恩恵を受ける可能性のある循環型企業を選んだため、木曜日の日本の株価は上昇し、金融はゴールドマンサックスとウェルズファーゴの株式を一夜にして上昇させた。

日経平均株価は、グリニッジ標準時0151年までに0.3%上昇して29709.38になりましたが、より広範な東証株価指数は0.54%上昇して1962.78になりました。 三菱UFJフィナンス証券のチーフ投資アナリスト、藤戸典弘氏は、「ウイルスの再出現による日本経済の減速が懸念されているが、投資家は外需の恩恵を受ける敏感な経済株を探している」と述べた。

ハンセン指数は335.88から28,542.87に下落し、台湾の台北は本日78.24から16,944.21に上昇しました。

Topix Shipping Sub Indexは、東京証券取引所の33のセクター別サブインデックスから回復し、日本郵船は5.7%、三井OSKラインは3.17%、川崎汽船は4.4%上昇しました。

また、鉱業および石油精製所のサブインデックスも提供します。

ゴールドマン・サックスとウェルズ・ファーゴがバンパーの第1四半期の収益のおかげで前進した後、金融株は上昇しました。

三菱UFJフィナンシャルグループは2.11%増、住友三井ファイナンシャルグループは2.16%増、野村ホールディングスは2.05%増となりました。

東芝は、グループがそれを非公開にするより多くの入札者を見ているという報告の後、1.65%を獲得しました。

セブン&アイ・ホールディングスは4.89%上昇し、トップスのトップ30の主要企業の中で最大の利益を上げ、三井住友フィナンシャルグループがそれに続いた。

Topix 30の中でパフォーマンスが悪かったのは、任天堂で1.71%減少し、続いてファナックが0.55%減少しました。

日経平均株価は41株に対し、181株でした。

TSEの33のセクター別サブインデックスのうち3つを除くすべてが高値で取引されました

READ  バイデン大統領は、上級外交団の9人のキャリアメンバーを大使に指名する意向を発表した。