Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀が利回りの目標レンジを拡大した後、円が上昇した後、日経225は2%以上下落しました。

日銀発表後、日本の金融株は上昇

日銀が金利を据え置き、イールドカーブのコントロール幅を拡大

日銀は、ベンチマーク金利を据え置き、イールドカーブのコントロールバンドの変更を発表した、と日銀は声明で述べた。

日銀は10年物国債のレンジを現在のプラスマイナス0.25ポイントからプラスマイナス0.5ポイントに拡大するとした。

日銀によると、この調整は「緩和的な金融環境を維持しながら、市場の活動を促進し、イールドカーブ全体を平滑化する」ことを目的としている。

発表後、日本円は米ドルに対して 2% 以上上昇して 133.37 になりました。

– イ・ジヘ

中国は主要な貸出金利を据え置きます

発表によると、中国人民銀行は 12 月に 1 年物と 5 年物の貸出プライム金利を据え置いた。

中央銀行は、ロイターの世論調査での予想に沿って、1 年間の貸出プライム レートを 3.65%、5 年間の貸出プライム レートを 4.30% に維持しました。

オンショアとオフショアの中国元は、米ドルに対してそれぞれ 6.9808 と 6.9783 でした。

– イ・ジヘ

S&Pは、中国の完全な再開で原油価格が121ドルに上昇すると見ている

S&P の予測によると、中国が完全に経済活動を再開すると、原油価格は 121 ドルまで上昇する可能性があり、2023 年までに 1 バレル 90 ドルに達する可能性があります。

S&Pのダン・ヤーギン副社長は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて3月に中国が1バレル=121ドルまで再開したことで、原油価格は「大幅に上昇」する可能性があると述べた。

彼は、価格の上昇は、現在石油とガスに見られる過少投資の緊張によって加速されるだろうと付け加えた.

「2023年の基本シナリオは、ブレント原油価格が90ドルだが、他の出来事に目を向ける必要がある」と彼は述べ、石油の見通しは主に3つの不確実性によって曇っていると付け加えた。 EUが合意した原油価格まで。

– リー・インシャン

EYは、2023年までに仮想通貨とより多くの商用アプリケーションがこの分野に登場すると述べています

EYのブロックチェーンのグローバル責任者であるポール・ブレイディ氏はCNBCに対し、世界がFTXの崩壊から動揺しているため、暗号空間は圧倒されるだろうと語った.スコーク ボックス アジア‘火曜日。

「来年の移行は、この環境で実行できるビジネス アプリケーションに関するものです。ステーブルコインを使用することを楽しみにしています」と Brady 氏は述べています。

彼は、今後数年間でより規制の厳しい環境になると予想しており、企業は規制についてより熱心になると予想されます。

「企業が所在し、規制されている国にのみサービスを提供できるという明確な要件があるでしょう」と彼は言いました。

「彼らにとってはより簡単になるでしょう [crypto] 組織は、個々のユーザーに固有のルールを適用する必要があります。」

– シェイラ・チェン

オーストラリア準備銀行からの議事録は、12月に制限オプションが検討されたことを示しています

オーストラリア準備銀行議事録■ 12 月の会合で中央銀行は、利上げの完全な一時停止を含め、キャッシュ レートの決定についていくつかのオプションを検討しました。

「取締役会は、12月の会議でキャッシュレートの決定についていくつかのオプションを検討しました。50ベーシスポイントの引き上げ、25ベーシスポイントの引き上げ、またはキャッシュレートの変更なしです。」 言った。

また、RBA の理事会メンバーは、「行動を継続する」ことの重要性を指摘し、中央銀行は今後 1 年間に向けてさまざまなオプションを検討し続けると述べました。

– イ・ジヘ

CNBC Pro: 中国は 2023 年に回復するでしょうか? ウォール街のプロが参加し、取引方法を明らかにする

Covid-19対策を縮小した後、中国の次は何ですか?

市場の専門家は、世界第 2 位の経済大国の回復の見通しについて議論し、投資家にチャンスを明らかにします。

CNBC Pro のサブスクライバーは、こちらで詳細を読むことができます。

– ハビエル・オング

日銀は金利を安定させると予想されている

日本銀行 維持することが期待される ロイターがエコノミストを対象に実施した世論調査によると、金利は-0.10%で安定していた。

中央銀行の 2 日間の金融政策セッションが火曜日に終了した後、金利の決定が期待されます。

これとは別に、日本政府と日銀は 2% のインフレ目標を可能な限り早期に修正することを目指していると言われています。 京都ニュース政府筋を引用。

イ・ジヘ

Evercore ISIは、FRBが利上げをやり過ぎていると言います

エバーコア ISI の Ed Hyman 氏は日曜のリポートで、FRB が利上げをオーバーシュートしてインフレを抑制し、米国経済を景気後退に追い込む可能性があると指摘した。

ハイマン氏は、フェデラルファンドの金利は現在6.5%、コアPCEの年率は4.7%、債券利回りは3.5%であると書いています。

「それは中央銀行の引き締めだけではありません。ECB、BoE、メキシコ、スイス、ノルウェーはすべて先週引き締めました」と彼は言いました。 「おそらくもっと深刻なのは、マネーサプライが縮小しているということです。」

さらに、エバーコアの経済スプレッド指数は、企業調査、インフレデータ、レイオフの発表などの他の指標とともに、景気後退の領域に近づいています。 また、賃金の伸びが鈍化し始め、高い賃料が緩和の初期の兆候を示しており、インフレが進行している可能性があることを示しています。

「いずれにせよ、アメリカの有権者の 87% が景気後退を心配している」とハイマンは述べた。

– カルメン・ライニッケ

S&P 500 は 4 年で最悪の 12 月に向かった

S&P 500 は今月、ウォール街が年末に苦戦しているため、6% 以上下落しています。 9月以来の最悪の月間パフォーマンスに向かっています。 また、9.18%下落した2018年以来最大の12月の下落となる。

株価は4日連続で下落

景気後退への懸念と年末の上昇への期待が月曜日の株価を圧迫し、4 連続でマイナスに転じました。

ダウ・ジョーンズ工業平均は 163.85 ポイント、または 0.50% 下落し、32,756.61 で取引を終えました。 アマゾン株は 3% 下落し、S&P 500 は 0.91% 下落して 3,817.47、ナスダック総合は 1.49% 下落して 10,546.03 となった。

– カルメン・ライニッケ

READ  日本のANAとJAL、伊藤忠商事との契約でジェット燃料の定期購入を拡大