Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀が2007年以来初めて利上げ


日本銀行は火曜日、2007年以来初めて基準金利の引き上げに踏み切った。この引き上げは、長引くデフレに苦しむ日本における8年間にわたるマイナス金利の解除を求めている。

2日間の政策会合後の日銀の声明によると、広く予想されていた措置として、日銀は短期金利をマイナス0.1%から0%─0.1%程度に引き上げた。

中銀はまた、長期金利をゼロ付近、あるいはそれ以下に設定する2016年以来導入されている政策、イールドカーブ・コントロール(YCC)も放棄した。

この調整を受けて、火曜日の日本の主要株価指数は上昇した。 火曜日の日経平均株価は0.66%上昇して終了し、東京株価指数は1.06%上昇した。

日銀は賃金と物価の「好循環」を評価し、2%上昇という物価安定の目標は今年達成されるとの認識を示した。

同銀行は、今年の同国の消費者物価指数の前年比上昇率は2%を超える可能性が高いと述べた。

日本最大の労働組合組織であるリンゴは金曜日、春季賃金交渉で年率5.3%の賃上げで合意に達したと発表した。これは昨年より1.5%ポイント高く、過去30年間で最大の賃上げとなる。

日本の賃金上昇は支出と消費者物価のプラス成長につながると予想されるため、今すぐ日本の金融政策を引き締める必要があると、北京に拠点を置くベテラン金融アナリストの趙清明氏は火曜日環球時報に語った。

趙氏は、日本の利上げは比較的慎重であるため、全体として中国への影響は大きくないと予想されると述べた。

上海対外商経大学日本経済研究センター所長の陳志立氏は火曜日環球時報に対し、日本の利上げは中国経済に大きな影響を与えることはないと語った。

陳氏は、海外資金の日本回帰が中国経済に大きな影響を与えるとの懸念を一蹴した。

日銀は「当面は緩和的な金融環境が維持されると予想している」とし、積極的な利上げに踏み切るつもりはないと警告した。

フィッチ・レーティングスは、環球時報に送った3月の世界経済見通しによると、日銀が非常に緩やかなペースで利上げし、おそらく2025年末には0.25%に達すると予想していると述べた。 国際格付け会社は、日本経済が2024年に0.6%成長すると予想している。


READ  日本はオリンピックに向かうインドのアスリートに厳しい規制を課している