Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀の政策金利が8年ぶりにプラスに転じると、日本からの借り入れはやや割高になる可能性がある。

日銀の政策金利が8年ぶりにプラスに転じると、日本からの借り入れはやや割高になる可能性がある。

ニューデリー:日本銀行(BoJ)の利上げにより、日本からの借り入れは若干高くなるだろう。

アナリストらによると、利上げは債務返済と日本からの新たな資金調達にある程度の影響を与えるだろう。

日本銀行は火曜日、短期金利をマイナス0.1%から0.1%に引き上げ、2016年以来の日本のマイナス金利制度を終了した。

バローダ銀行のチーフエコノミスト、マダン・サプナビス氏は「日銀の利上げはわれわれの政策決定に影響しない。だがインド企業にとって海外での借り入れは割高だが、それでも他の市場に比べれば安いため、借り入れには影響しないだろう」と述べた。 PTI

ジオジット・ファイナンシャル・サービシズの首席投資ストラテジスト、VK・ビジャヤクマール氏は、利上げ幅が小規模で資本移動の針を動かすには十分ではないため、日銀の金利政策がインド市場に大きな影響を与える可能性は低いと述べた。

また、日本はインドへの海外ポートフォリオの重要な流入源ではないと同氏は述べた。

ビジャヤクマール氏は「債務返済やインフラファイナンスへの影響も最小限にとどまるだろう。状況が変わるのは日銀が利上げを継続する場合のみだが、その可能性は低く、影響が最小限にとどまることを為替市場が示唆している」と付け加えた。

BDOインドの金融サービス・パートナーのニーラジ・シンハ氏は、円借入者は通常ポジションをヘッジしているため、現時点では利上げはインドの借り手に一定の影響を与えるだろうと述べた。

シンハ氏は「返済が円で見込まれる場合、インフラ融資を円で買うと少し割高になる。しかし、この動きは借り手に今後の動きに慎重になるようシグナルを送っている」と述べた。

インド国立銀行経済調査局の報告書によると、日銀はまた、中央銀行が長期金利の目標とするために使用していた10年日本国債に対する極端なイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の撤回を発表した。 。 持続的に低いインフレ率を上昇させるために、必要に応じて債券を売買することによって。

約8兆ドルの国債市場において、日銀のシェアはより大きい(2019年12月のパンデミック前の43.7%に対し、2023年6月時点で47.1%)と同報告書は述べた。

報告書によると、2021年以降の円の変動により、現地通貨は通貨安というあだ名が付けられ、第3位の経済大国のイメージが損なわれ、近年の投資はオーストラリアや近隣のアジア諸国に移っているという。

さらに、日銀が保有する約1兆1400億ドルの米国債は、予想されるベンチマーク利回りの上昇から何らかの恩恵を受ける可能性がある。 ピーク時には、対円での賭け金は過去6年間で最高値にまで上昇したという。

そのため、日本の輸出が競争力を阻害し、AI主導のイノベーションが世界経済とともに再構築されたサプライチェーンへの利害関係を減らしているにもかかわらず、今後数日で円は上昇するとみられる。

(発行済み 2024年3月19日、14:03 IST)

READ  待望のスタジオジブリテーマパークが日本にオープンする予定です