Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀の調査で製造業は景気に楽観的であることが判明

日銀の調査で製造業は景気に楽観的であることが判明

東京(AP通信) – 月曜日に発表された中央銀行の調査によると、日本の大手製造業の景況感は7月から9月期に2四半期連続で改善した。

日銀が四半期ごとに発表する短観調査では、主要製造業の景況感がプラス9となり、6月のプラス5から上昇した。

主要非製造業のセンチメントは4ポイント上昇して+27となり、6四半期連続で改善し、約30年間で最も前向きな結果となった。

短観調査は四半期ごとに実施され、景況感が「良い」と答えた企業から「悪い」と答えた企業の数を引いて景況感を測る。

近年、世界第3位の経済成長に貢献してきた観光業がパンデミックの影響を受けている。 しかし、入国する旅行者は徐々にパンデミック前の水準に近づいた。

アナリストらによると、メーカーへのコンピューターチップやその他の主要部品の供給に対する新型コロナウイルス感染症の悪影響も徐々に緩和され、生産は回復しているという。

第一生命グループの首席エコノミスト、永浜利宏氏は「サプライチェーンの徐々に改善に加え、このところの円安が大手製造業のセンチメントを好転させる要因になっているとみられる」と述べた。

同氏はまた、非製造業にとっては、外国人観光客の戻りと夏休み中の国内観光の好調がセンチメントを押し上げる可能性が高いと付け加えた。

過去10年間、日本経済は全般的に停滞しており、賃金上昇も鈍化している。 もう一つのマイナス要因は、ロシアのウクライナ戦争によるエネルギー価格の上昇です。 日本円の価値が下落している現在、石油のほぼすべてを輸入している日本にとってこれは困難である。

しかし、円安もプラス要因となり、トヨタや任天堂などの輸出企業の海外利益の価値を押し上げた。 ドルは最近、1月の130円未満から上昇し、約149円で取引されている。

短観の3カ月後の景況感見通しについては、大手製造業はプラス10で1ポイントの改善を見込んでいる。

今後数カ月間、日本銀行が金利に関してどのような対応をとるかが注目されている。 中央銀行は日本を経済不況から脱却させるために、金利を長年ゼロかマイナスの水準に維持した。 日銀は物価の安定的な2%上昇を目標としている。

___

影山優里はX(以前はTwitter)にいます https://twitter.com/yurikageyama

READ  Gerrit Smit: インフレは市場で多くの損失をもたらす大きな問題です