Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀の調査で製造業は楽観的ではないが、サービス部門は楽観的であることが判明

日銀の調査で製造業は楽観的ではないが、サービス部門は楽観的であることが判明

月曜日の日銀の主要報告書は、大手製造業のセンチメントは低下しているが、製造業以外の大企業の間では楽観的な見方がここ30年で最高に達していると述べた。

日銀短観報告によると、自動車や電機大手を含む大手製造業のセンチメントは3月に1年ぶりに低下し、12月から2ポイント低下のプラス11となった。 日本の通信社がまとめた市場予想の平均は9だった。

サービス業を含む広範な非製造業の指数は34ポイントと、12月の前回報告から2ポイント上昇し、33年ぶりの高水準となった。

この調査は四半期ごとに実施され、約9,000社の日本企業を対象に調査を行っており、景況感が良いと答えた企業から悪いと答えた企業の数を差し引いて企業心理を測定している。

非工業企業の間での楽観的な見方は、感染症の被害を受けた海外・国内を問わず観光業が戻ってきたことを反映している。 旅行者の到着数は最近、パンデミック前のレベルを超えています。

メーカー間の閲覧数の減少は、トヨタ自動車の子会社で小型車を専門とするダイハツ工業の生産停止を反映している。 ダイハツは適切な安全性試験を実施していないと認めた。

近年、日本経済は停滞する傾向があり、世界の一部地域ではインフレではなく、デフレや物価の持続的な下落、賃金上昇の鈍化が影響しています。

もう一つのマイナス要因は、エネルギー価格の高さです。 日本は必要な石油のほぼすべてを輸入しています。

通貨安も一部セクターに影響を与えた。 ドルは足元で150円前後で推移しており、1年前の130円前後から大幅に上昇した。

円安は観光促進に追い風となる。 また、トヨタや任天堂などの輸出企業にとっても、円に換算した際の海外利益の価値が高まる。

日本銀行は先月、17年ぶりに基準金利を引き上げ、景気刺激を目的とした長年のマイナス金利政策を終了した。

同銀行はインフレ目標を2%に設定し、それを日本が最終的にデフレ傾向から脱却したかどうかを判断するためのベンチマークとして使用している。 同氏は、賃金と企業収益が改善していると指摘する一方、金融政策はしばらく緩和的な状態が続くだろうと述べた。

短観報告によると、大手製造業の先行きセンチメント予想は10、主要非製造業の指数は27で、いずれも月曜日に言及された水準を下回った。

___

影山ゆり on X:https://twitter.com/yurikageyama

READ  円が介入レンジに入っても日本の政策当局者は堅持:分析