Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀は、取締役会の議論の微妙な変化でインフレリスクを議論しました

  • 多くのコモディティで価格の上昇が続く可能性が高い – 日銀サマリー
  • あるメンバーは、債券市場の活動について懸念を表明しました
  • 日銀はいずれ出口戦略を発表へ – まとめ
  • 日銀は9月の会合で金融政策を非常に緩くした

[東京 3日 ロイター] – 一部の中央銀行の政策担当者は先月、日本のインフレ拡大が予想を上回る可能性があると警告した。

9月の会合でのコメントの要約によると、あるパネルメンバーは、日本銀行(BOJ)は最終的に超緩和政策からの出口戦略を伝えるべきだと述べた。

多くのコメントは、弱い経済を支えるために金融政策をより緩和しておく必要があることを求めていましたが、コメントは、積極的な緩和の支持者によって支配されてきた日銀の取締役会のバランスが徐々に変化していることを浮き彫りにしました。

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

パネリストは「為替レートの動きの影響もあり、消費者物価がベースラインシナリオから大幅に上昇するリスクがある。これには先入観を持たずに謙虚に取り組むべきだ」と語った。 月曜日に。

「原材料費の上昇を背景に、企業は引き続き値上げ計画を発表している。幅広い製品で値上げが続く可能性が高い」と、要約に示されている別のコメントが述べられています。

日銀は 9 月 21 ~ 22 日の会合で、金利を非常に低く保ち、インフレ率が 2% の目標に着実に到達するまで金融政策を非常に緩和することを約束しました。 7月に元商業銀行員の鈴木均氏と率直なエコノミストの角岡浩史氏の後任として任命された2人の新人にとって、これは初めての会談でした。

日銀は、上昇するインフレに対処するために中央銀行が金融政策を引き締める世界的な波の中で、円をドルに対して 24 年ぶりの安値に押し上げました。

JPモルガン証券の日本担当チーフエコノミスト、藤田綾子氏は「物価上昇幅は拡大するが、これが物価目標を達成するために大幅な固定賃金の上昇につながるかどうかはまだはっきりしていない。

「しかし、7月と比較すると、物価と賃金の見通しに変化が生じているようだ。日銀の政策見通しの鍵は、そのような見解がより広く共有されるかどうかである」と彼は言った。

9 月の会議で、あるメンバーは、日銀による大規模な債券購入によって引き起こされた債券市場活動のゆがみについて、一部の市場参加者の間で懸念されていることを指摘しました。

「将来のある時点で適切なタイミングで、日銀が出口戦略を市場に適切に伝えることが重要になるだろう」と同委員は述べた。

日本のコア消費者物価指数は 8 月に 2.8% に達し、日銀の目標である 2% を 5 か月連続で上回りました。 続きを読む

月曜日に発表された四半期調査によると、企業はインフレ率が今後 5 年間 2% 以上にとどまると予想しており、最近の物価上昇が短命であるという日銀の予測に疑問を投げかけています。 続きを読む

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

木原ライカによるレポート。 アナ・ニコラシ・ダ・コスタとサム・ホームズによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  「平和国」は日本の安全保障の動きについて二度考えるべきだとドイツの学者は言う