Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀は地方の日本と賃金の見通しについてより楽観的です

日銀は地方の日本と賃金の見通しについてより楽観的です

東京: 日銀は木曜日、日本の経済の健全性についてより明るい見方を示し、賃上げを計画している企業の数が増えていることを指摘し、日本が2%のインフレ目標を達成する軌道に乗っているという確信を強調した。

日本の国境の再開と円安に拍車がかかった外国人観光客の回復も、サービスの消費を押し上げている、と中央銀行は地域経済を分析した報告書で述べた。

四半期報告書では、日本銀行は国内の 9 つの地域のうち 4 つの地域の経済格付けを引き上げました。 残りの 5 つの評価は維持されました。

「多くの地域で、経済が回復したり、緩やかに改善したりしています」と彼女は言いました。

報告書によると、一部の企業は、燃料や原材料のコストが上昇して利益が減少したため、賃金の上昇に苦しんでいるようだ.

しかし、逼迫した労働市場に対処し、従業員の生活費の上昇を補うために、「企業が冬のボーナスの支払いを増やしたり、賃金の引き上げを計画している例はたくさんあります」と彼女は付け加えた.

このレポートは、日本銀行の理事会が 1 月 17 ~ 18 日の政策会議で新たな四半期ごとの成長率とインフレ予想をまとめる際に検討する要素の 1 つです。

複数の情報筋がロイターに語ったところによると、日本銀行は来週、インフレ予測を引き上げる可能性が高く、大規模な景気刺激策を縮小するために状況が徐々に調整される可能性があるという確信が強まっていることを示しています。

日本のコア消費者物価は 11 月に前年比で 3.7% 上昇し、40 年ぶりの高値を記録し、企業が原材料費の上昇を家計に転嫁し続けたため、日銀の 2% 目標を 8 か月連続で上回りました。

日銀の黒田東彦総裁は、2%のインフレ目標を持続的に達成し、中央銀行が景気刺激策を段階的に廃止できるようにするためには、物価上昇に伴って賃金が上昇する必要があると述べた。

「昨年秋に基本給を引き上げたが、最近の物価上昇と利益の改善を考慮して、今年はさらに賃金を引き上げる可能性がある」と報告書は、東京の南にある横浜のスーパーマーケットを引用した.

日本銀行大阪支店長の古口博秀氏は、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジア諸国からの観光客の着実な流入が、西日本の関西地域でのサービス消費を後押ししていると語った。

記者会見で「免税店の売り上げはコロナ禍前の70%に戻った。この傾向が続けば、関西だけでなく日本経済全体を下支えすることになる」と語った。

世界経済の成長鈍化が輸出に打撃を与え、原材料コストの上昇が国内消費に打撃を与えたため、日本経済は昨年第 3 四半期に前年同期比で 0.8% 縮小しました。

アナリストは、生活費の上昇と中国の景気減速が見通しを妨げているものの、COVID-19 パンデミックからの消費の回復が遅れて日本の回復を後押しすると予想しています。

READ  日本の会社Skylarkが非接触型ダイニング用のロボットウェイターを紹介