Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀は緩和の準備を整え、日本は不安定な円と戦う動きを警告

2022 年 10 月 17 日に東京で開催された国会で挙手する日銀の黒田東彦総裁。 (京都)

日本銀行の黒田東彦総裁は月曜日、低迷する経済を支えるために超低金利を維持するという揺るぎないコミットメントを繰り返した.

国会での黒田氏のコメントは、円が対ドルで 32 年ぶりの安値まで下落した後、日米間の金融政策のギャップが拡大したことを反映していた。 ジョー・バイデン米大統領は、ドル高については心配していないと述べた。

日本の当局者による混合メッセージは、日本が直面している困難を示しています。

一方、日銀は、現在のコスト プラス インフレは持続不可能であり、賃金の引き上げによって 2% の目標を持続的に達成するためには金融緩和が必要であると考えています。

しかし、日銀のタカ派スタンスの副産物である円安が輸入コストを押し上げ、日本経済に損害を与えている。 政府は、インフレ対策を含む包括的な経済パッケージを準備しています。

黒田氏は「日本経済は新型コロナウイルス感染症からの回復途上にある。ウクライナ情勢を背景に商品価格の高騰で日本からの所得が海外に流出し、景気の下押し圧力となっている」と指摘。 衆院予算委員会。

黒田総裁は「経済を下支えし、賃金の伸びとともにインフレ目標を安定的かつ持続可能な方法で達成する必要があるため、当面は金融緩和を継続することが適切であると考えている」と述べた。

円は月曜日に1ドル149近辺で取引された。 これは、日本が9月に市場に介入し、1998年以来初めての円買いドル売りの動きを見せた145.90とはかけ離れたものだった。

円はここ数日、ドルに対して下落を続けているが、再度の介入に対する警戒が続いている。

鈴木俊一財務相は記者会見で、「投機的な動きによる過度のボラティリティが見られれば、断固たる措置をとる。この見方に変わりはない」と述べた。

日本のコア消費者物価指数は 8 月に 2.8% に達し、黒田総裁は円安の影響もあり、年末までにさらに上昇すると述べた。 しかし彼は、コア・インフレ率は日銀の来年度の目標である2%を下回る可能性が高いと付け加えた。

岸田文夫首相は国会で、インフレ目標達成に向けた日銀の努力を支持すると述べた。


関連記事:

日銀総裁は急激な円安の中で超低金利政策を堅持

円は米ドルに対して149レベル近くの32年ぶりの安値に下落


READ  AEWオールアトランティックタイトルのコンテストに誰が参加するかを新日本がどのように決定するか