Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀は金利据え置き、緩和には慎重

日銀は金利据え置き、緩和には慎重

日銀は金曜日の最新の決定で貸出金利を据え置き、大幅な債券買い入れを縮小する計画を発表し、詳細なテーパリング計画は7月の会合で明らかにされる予定だ。

この動きは、5兆ドル近いバランスシートを含む巨額の現金の山を切り捨てる一歩となるだろう。

同時に、日銀は国債買い入れペースを月額約6兆円(3000万ポンド)に維持すると発表した。

中銀理事会は短期政策金利の誘導目標を0─0.1%に維持することを全会一致で決定し、消費の安定を伴う緩やかな景気回復が確認された。

上田和夫知事は、債券削減計画における柔軟性と市場の安定の重要性を強調した。

この結果が円と日本国債の利回り低下につながったため、市場は日銀の決定を慎重に解釈した。

円は1カ月ぶり安値となる1ドル=158.255円まで下落し、10年日本国債は0.915%まで下落した。

MUFGは「日銀が再び市場に応じることができなかったため、今日の円安は当然のことだ。われわれの予想では、国債の買い入れは現在の6兆円近いペースから減速し始めると予想される」と述べた。 研究リーダーのデレク・ハルペニー氏。

「中傷者は一人、中村豊儀であったが、これは大きな驚きではなく、彼の意見の相違は完全には明らかではなかった。

「同氏はJGP買い入れの縮小を支持しているが、2024年7月の展望報告書で明らかになった経済活動と物価の動向を評価した後にのみ枠組みを決定し合意する手順が講じられると感じている。」

ハルペニー総裁は、会合の遅れは国債買い入れ開始の遅れにとって「大きな意味はない」が、シグナル伝達の観点からは重要だったと述べ、中銀の慎重さを強調した。 スタンス。

「この慎重な決定の影響で、7月の値上げへの期待も後退した。

「他の中央銀行と同様に、日銀は金融政策と短期政策金利の決定を、中央銀行家がより技術的な金融政策と対話することを好むバランスシート政策から分離することを優先しています。

「つまり、7月会合は国債購入に関することになるので、利上げ決定はその後になるだろう。」

Sharecast.com の Josh White 氏がレポートします。

READ  日本の10年債利回りは米国のそれよりも低く、短期的に取引されています