Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

旧日本が自動運転車に賭けたでこぼこの道

東京: 高齢化が進む中、日本は自動運転車に賭けていますが、パラリンピックでの自動運転ディスプレイの事故は、今後の課題を示しています。

自動運転車が出回っているのは日本だけではありませんが、政府は技術の加速を最優先事項としています。

昨年、世界で初めて、特定の状況を完全に制御できる車両が公道で走行できるようになりました。

ホンダは「レベル3」の自律性を持っています。つまり、ドライバーは緊急時に運転を引き継ぐ準備をしなければなりませんが、それ自体で特定の決定を下すことができます。

政府は、ますます高度化する自動運転車への道を開くために法律を変更し、経済産業省(METI)は、2025年までに全国に40の自動運転タクシー試験場を計画しています。

それは深刻な問題に駆り立てられた政策です。日本の人口は世界で最も古く、国は持続的な労働力不足に苦しんでいます。

「海運・運輸部門では、運転手が年を取り、人材不足が深刻になっています」と最近の経済産業省の報告書は述べています。

彼はまた、「高齢の運転手が操作ミスをすることによって引き起こされるひどい交通事故」について警告した。

明確な需要があり、国内の自動車メーカーが技術開発のために並んでいました。

ベストセラーのトヨタは、富士山麓に建設中のスマートシティの指定道路に沿って自動運転のe-パレットバスを運行する予定です。

東京2020大会の選手村ではバスが運行されていましたが、車が衝突して視覚障害者の1人が軽傷を負ったため、プロジェクトは一時的に中断されました。

バスは男を検出して停止したが、バスの作業員がシステムを迂回した。

証券会社CLSAの日本の調査責任者で自動車のスペシャリストであるクリストファー・リヒターにとって、事故はこのセクターがどこまで行かなければならないかを示しています。

「人々は、自治はこの種の統制された社会の準備ができていると言った」と彼はAFPに語ったが、そこでさえ「失敗した」。

複雑なエリア

リヒター氏は、日本の地方では自動運転車が「必需品になる」と付け加えた。

「なぜそれが政府にとって、自動車メーカーにとって優先事項であるのかがわかります…[しかし]大規模な自動運転はおそらく私たちの10年には来ないでしょう。」

日本の自動車メーカーは、この時点で期間が複雑な提案であることを認めています。

日産は2018年に「EasyRide」自動運転タクシーのテストを開始したとき、2020年初頭から市販される予定であると語った。

しかし、同社の研究担当グローバルバイスプレジデントである土井和弘氏は、今ではもっと慎重になっている。

「(自動運転車の)社会的受容は十分ではない」と彼はAFPに語った。

「自動運転の経験がある人はほとんどいません。経験がないと、とても新しいので受け入れるのは非常に難しいと思います。」

今月、イージーライドタクシーは、限られた専用エリアではありますが、東京郊外の横浜の公道で3回目のテストを実施しています。

「ドアが閉まる」と、乗客が車の「移動」ボタンを押した後の女性の声が言い、車は雨滴の中を慎重に動きながら自力で走り去った。

「私たちが顧客に運転体験を提供するとき、誰もが驚いています…それは彼らが予想したよりも良いです」と土井は言いました。

「そして、そのような経験は蓄積されなければなりません。」

しかし、イージーライドカーは現在、狭い通りや曲がりくねった道のある「複雑な」エリアを避けていることを指摘し、日本で自律型タクシーがいつ市販されるかはわかりません。

「残念ながら、複雑な地域には顧客がいます」と彼は言いました。 -フランス通信社

READ  アーノルドシュワルツェネッガーと息子のジョセフバエナがベニスビーチのゴールドジムに自転車で行きます