Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

明確化 – 福島の海域解放後、更なる核課題が日本を待ち受けている

明確化 – 福島の海域解放後、更なる核課題が日本を待ち受けている

竹中清志著

東京(ロイター) – 福島原発事故から12年が経ち、日本は被災原発の廃炉プロセスの重要なステップとして処理済み放射性物質の海洋放出を開始したが、溶融燃料の除去など、より困難な課題が待ち受けている。

チェルノブイリ以来世界最悪の原発事故を今世紀半ばまでに終結させようとする政府と原発を運営する東京電力(東京電力)が直面する課題は次のとおりである。

溶けた燃料を取り除く

東京電力は、高放射性燃料デブリを炉心から取り出す取り組みを「世界のどこでも試みられていない、困難かつ前例のない挑戦」と説明した。

同原発で最初に移転が行われる2号機の実験的回収は、当初の予定だった2021年から2度延期され、現在は10月から6カ月間の予定となっている。

そして、1979年に機能不全に陥り部分的にメルトダウンしたペンシルベニア州の米国原子力発電所スリーマイルアイランド(TMI)では、燃料デブリは放射線からの遮蔽物として復旧作業中水中に保管されている。

これは、当時ソ連の一部だったウクライナでの1986年のチェルノブイリの悲劇以前では最悪の原子力発電所事故だった。

日本と東京電力は、ひどく損傷した炉心を水で満たすのが難しいため、溶融燃料を空気にさらした状態で取り出す計画だ。

しかし、これでは作業員や回収機材を強い放射線から守ることも難しくなる。

スリーマイル島では唯一の燃料故障に比べ、福島原発は3回の故障に見舞われており、今回の残骸回収プロセスはより大規模かつ複雑になることを意味している。

回収は、遠隔制御される22メートル(72フィート)のロボットアームによって行われます。 初期段階では、わずか数グラムの燃料残留物を抽出することを目的としているが、プラントの溶融燃料の総量は880トンと推定されている。

放射性土壌

2011 年の事故では放射線が空気中に放出され、最終的には土壌が汚染されました。 その汚染土壌の一部は、ニューヨークのセントラルパークの4倍以上の広さの仮設場所に保管されている。

しかし法律は、津波被害を受けた発電所の隣にある仮設地に保管されている土壌を、2015年の運転開始日から30年以内に福島県外に移送することを義務付けている。

その期間の4分の1以上が経過したが、政府が永久保管場所の確保に近づいているという明確な兆候はないが、環境省は特定の場所の探しを開始するのは最も早くて2025年であると言っている。

気球の費用

2016年、政府は福島への対応にかかる費用の見積もりを2倍の21兆5,000億円(1,486億ドル)に引き上げた。これには賠償努力、廃炉、除染も含まれる。

政府支出を調査する監査委員会は、2022年3月までにこうした活動に約12兆1000億円が支出されたと発表した。

これは、燃料デブリ回収などの真に困難な作業が始まる前であっても、政府の見積もりの​​半分以上を支出することを意味しており、コスト超過の懸念が高まっている。

東電が被害者に最低限の賠償金を支払い続けること。

民間シンクタンクの日本経済研究センターは2019年、福島の水が希​​釈されて海に放出されるシナリオでは、賠償、廃炉、除染にかかる費用は41兆円に達すると予想されると発表した。

(1ドル=144.6800円)

(取材:竹中清、編集:カティア・ゴルブコワ、クラレンス・フェルナンデス)

READ  日印商工会議所が日本の祭りの一環として雛人形を展示