Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

映画『ゴジラ マイナスワン』の山崎監督は、日本映画が“重い”オスカーを獲得したことに喜びを表した。

映画『ゴジラ マイナスワン』の山崎監督は、日本映画が“重い”オスカーを獲得したことに喜びを表した。

第96回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した山崎貴監督ら「ゴジラ マイナスワン」のクリエイティブチームが3月12日に帰国し、オスカー賞を手に羽田空港で記者会見した。





記者会見に臨む「ゴジラマイナスワン」の山崎貴監督=東京・羽田空港で2024年3月12日、深山敏樹撮影

山崎のほか、制作会社白組所属のビジュアルエフェクトアーティスト、渋谷京子、高橋正樹、野島達治が参加する。 監督と一緒に映画を制作した人。

山崎さんは「オスカーは想像していたよりも重かった。本当に手にしたんだと実感してうれしかったです」と受賞の瞬間を語った。

チームはロサンゼルスでの授賞式に向けて準備を進めていたが、勝利に良い予感を感じていたと語った。

渋谷氏は報道陣に対し、「肯定的なフィードバックをいただいたので、(勝つ確率は)五分五分だと思った」と語った。 「勝つと言い続けていたのに、名前が呼ばれた瞬間は驚きましたし、うれしかったです」。

『ゴジラ マイナスワン』は 2023 年 12 月に米国の劇場で公開され、大成功を収めました。 オスカー受賞の影響について聞かれた山崎監督は、「視覚効果賞は、多額の予算をかけてよく作られた数多くの作品の中から最も優れた作品に与えられる聖杯です。日本映画が北米で商業的に成功し、賞を受賞するということで、 。」 今後の映画の作り方を変える可能性にもつながる」と語り、「今回の受賞をきっかけに、世界に受け入れられる作品を作りたい」と語った。

アカデミー視覚効果賞の受賞は、主に巨額予算を投じたハリウッド映画に与えられてきた。 一方、『ゴジラ マイナスワン』は比較的低予算の作品だ。

渋谷監督は「アイデアを考えるのに苦労した初期の視覚効果の時代を思い出させる作品だと言われました。アカ​​デミーが温かく見守ってくれたのだと思います」とゴジラの勝因を評価した。 山崎氏は記者団に対し、アカデミーは視覚効果が物語にどれだけ貢献しているかに焦点を当てており、チームの仕事がゴジラの恐怖を伝えるのに役立っていると分析したと語った。

会見後には『ゴジラマイナスワン』主演の浜辺美波が登壇し、山崎に花束を手渡して祝福した。 「式典を見ていて感動しました」と彼女は語った。

【勝田智美・文化報道部、動画・玉木宏介】





写真で見る:日本での記者会見でオスカー賞を振り返る『ゴジラ マイナスワン』撮影スタッフ

READ  ZeeEntertainmentはSonyPictures NetworksIndiaとの合併に同意します