Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

映画産業の問題に取り組むための体の後ろの是枝の名前

有名な映画監督 是枝裕和は、嫌がらせや低賃金での長時間労働に関する嫌がらせの申し立てを受けて、労働条件の改善に取り組んでいる業界の大物グループの1つです。

彼らは、現在地元の映画産業を悩ませている問題に取り組むために、フランス国立映画映画センター(CNC)の日本語版を作成することを目的として、Action4cinemaと呼ばれるグループを作成しました。

クレダ氏は、日本外国特派員協会での記者会見で、「日本の映画産業が将来も持続可能で存続できるようにする相互支援のシステムを提供するために、新しい組織を設立しようとしています」と述べた。 6月14日に東京で。

和月伸宏、押山拓哉、スッド由紀子、西川美和、深田晃司、舩橋敦の6名の取締役が加わった。

1946年に設立されたCNCは、興行収入、放送料、ホームビデオ販売、およびその他の利益の一部を収集するシステムを確立した映画サポート組織です。 業界全体に資金を振り向け、映画製作者、配給業者、および業界の他のプレーヤーをサポートします。

公的機関である韓国の韓国映画振興委員会(KOFIC)は、CNCをモデルにしています。

グループのメンバーは、COVID-19のパンデミックの発生後、危機感が高まったと感じたため、CNCの日本語版を推進することを決定したと述べました。 彼らは、多様性を確保し、労働者に優しい環境を作り出すために、地元の映画産業は大規模な見直しを受ける必要があると述べた。

その目的には、若い才能の育成、海外でのトレーニングの機会の提供、その他の教育支援の提供が含まれます。 ハラスメントやジェンダー格差のない職場環境を提供します。 映画製作者と若い映画製作者がプロジェクトを開発するのを支援する。 そして、劇場や配給業者を助けてください。

役所広司、吉永小百合、監督の山田雄二、濱口亮介も参加。

action4cinemaは興行収入などを活用する予定であるため、日本株式会社の映画製作者協会に協力を求める必要があります。 (MPPAJ)、東宝株式会社を含む。 他の3つの主要な映画会社と他の業界グループ。

メンバーは、議論は昨年始まったと述べた。

「私たちは皆同意する」とMPPAJの代表は朝日新聞に語った。 「しかし、関係者(劇場や配給業者など)がたくさんいるので、私たちは何も決めることができません」と、興行収入の一部を集める問題に言及して、当局者は言いました。

(この記事は佐藤美鈴と細見拓二によって書かれました。)

READ  ハリー王子の弁護士は、「容認できない」判決を漏らしたとして最高裁判所の裁判官に叱責されました