Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

景気回復で日本メーカーのムードも好転

景気回復で日本メーカーのムードも好転

梶本哲史著

東京(ロイター) – ロイター短観調査によると、日本の大手製造業の景況感は今年初めてプラスに転じ、サービス部門の景況感は5カ月ぶりの高水準に達し、コロナウイルス感染拡大後の経済改善のさらなる証拠となった。 。 不況が主導した。

水曜日に行われた月例調査は、日本銀行が注視している四半期短観調査を追跡するもので、製造業の景況感は今後3カ月間でさらに上昇すると予想される一方、サービス部門の景況感はわずかに緩和するにとどまったことが示された。

この強い見方を受けて、日銀が遅かれ早かれ政策緩和の正常化に乗り出すのではないかとの憶測が高まる可能性がある。 しかし、上田和夫総裁は、日銀がそのような出口の動きを検討する前に、賃金上昇によって促進されたインフレ率が持続可能な2%を達成する必要があると繰り返し述べている。

493社を対象とした調査によると、大手製造業のセンチメント指数は4月と比較して+6で安定しており、そのうち241社が5月10日から19日の期間に回答した。

これは今年初のプラスの数字であり、8月にはさらに上昇すると予想されている。

自動車の供給ボトルネックが緩和されたことから、自動車や石油精製会社も前向きな反応を示したメーカーの一つだった。

「パンデミックが沈静化し、日常生活が通常に戻るにつれ、顧客の購買意欲が高まり、都市部のスーパーマーケットの売上高が二桁の成長を達成するのに貢献した」と小売業者のマネージャーは書いている。

しかし、商品やサービスに対する世界的な高インフレを反映して、ビジネスを行うコストについて不満を言う人もいる。

ある食品加工会社のマネージャーは「円安と原油高により、原材料からサービスに至るまであらゆるコストが上昇し、消費に悪影響を及ぼしている」と述べた。

サービス業指数は小売業や不動産・建設業が主導し、前月から若干上昇し25となった。 同指数は今年最高水準を記録した。

世界第3位の経済は、新型コロナウイルス感染症後の消費回復が世界的な逆風を相殺し、需要主導の国内成長への期待が高まり、第1四半期に景気後退から脱却した。

先月の日銀短観では、製造業の景況感が1─3月期に過去2年超で最悪の水準まで悪化したことが示された。

日銀とロイターの世論調査の指標は、楽観的な回答者から悲観的な回答者の割合を差し引いて算出されている。 正の数値は、楽観主義者の数が悲観主義者を上回っていることを意味します。

(報告:梶本哲史、編集:シュリ・ナヴァラトナム)

READ  クリスティアーノ・ロナウド、フォーブス誌の最も稼ぐスポーツ選手トップ10に世界のニュース