Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

景気回復への期待から東京株が上昇

水曜日の東京の株価は、コロナウイルスの予防接種の進展に支えられた景気回復への期待が高まる中、幅広い銘柄が買いを集めたため、上昇しました。

東京証券取引所の日経平均株価は131.80ポイント、0.46%上昇して28,946.14で取引を終え、火曜日の安値45.74から逆転した。

すべての第 1 節の問題の Topix は、前日に 3.20 ポイント上昇した後、1942.33 で 16.15 ポイント、または 0.84% 上昇しました。

火曜日にウォール街が方向性を決定できなかった後、株式は複雑なスタートを切りました。 日経のヘビー級部品のいくつかのバージョンは、当初、好調な売れ行きに見舞われました。

ブローカーらによると、投資家は、国内外で予防接種を受ける人が増えていることから、特に景気に敏感なサイクルへの欲求を新たにしたため、購入はすぐに優位に立った.

市場は午後に活発な買いが勢いを失いましたが、終値までリフレッシュされたままでした。

市場に大きな影響を与える出来事がない中で、「選択的な買いが今日の進展につながった」と野村証券のストラテジスト、澤田真紀氏は指摘した。

彼女は、金曜日に米国労働省が 5 月に発表する雇用統計の発表を前に、一部の選手はフェンスの上に座っており、取引は比較的静かであると述べた.

東洋証券のストラテジスト、山本博彦氏は「日本ではワクチン接種がゆっくりだが着実に進んでいることに加えて、貿易制限の緩和が需要志向の国内株を魅力的なものにしている」と語った。

火曜日以降、東京と他のいくつかの県の店舗やその他の大規模商業施設の閉鎖命令は、コロナウイルスの緊急事態拡大の下で緩和されました。

東京証券取引所市場第一部では、値上がり銘柄数が1,259~842銘柄となり、値上がり銘柄数は92銘柄で横ばいとなった。 取引量は火曜日の9億700万株から12億4800万株に増加した。

航空会社は、観光需要の回復への期待から強い買いを楽しんだ。 鉄道事業者の JR 西日本は 7.66%、JR 東日本は 6.03% 上昇し、JAL と ANA の航空会社はそれぞれ 3.46% と 3.19% 上昇した。

百貨店が上昇し、三越伊勢丹が4.40%、J.フロント リテイリングが3.24%上昇した。

将来の原油価格の上昇により、資源開発会社の国際石油開発帝石株は4.15%上昇した。

一方で、半導体セクターの発表は弱気で、火曜日の米国のハイテク株ナスダック総合指数の下落が重しとなった。 敗者の中には、チップ製造装置メーカーの東京エレクトロンと産業用ロボットメーカーのファナックがあり、どちらもニカイの重量級部品でした。

テクノロジー投資グループのソフトバンクや医療情報プロバイダーのM3など、他の主要な日経コンポーネントも損失を計上した。

大阪証券取引所の指数先物取引では、日経平均株価の 6 月の主要取引が 200 ポイント上昇し、28,960 で取引を終えた。

誤報と大量の情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

READ  SIMEC Atlantis:ウェールズに転向することを望んで、日本では大きい