Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

書評| 大場美奈子の須田梅子への反省:日本の女子教育のパイオニア ‘

津田梅子(1864–1929)は、特に2024年に発行された日本の新しい5,000円紙幣の片面に彼の肖像画が表示されていることから、現在注目を集めています。

あまり知られていない梅子は、アメリカで勉強した最初の5人の日本人女性の1人でした。 彼女は7歳のとき、実家を出て11年間アメリカに留学しました。 教師として日本に戻った後、彼は米国に戻り、ペンシルベニア州のブライアン・モーレ大学で生物学を4年間勉強することを決心しました。

梅子は後に日本の女性の高等教育のパイオニアとして設立されました 須田大学 1901年。

大場美奈子は、この梅子須田の伝記を書いた小説家です。 この伝記は早い段階でした 日本語で公開 1991年。 しかし、このレビューの主題は、オバマの娘、余景天によって英語に翻訳されました。

プールのある須田大学の中庭。

屋根裏の手紙

大場は梅子の死から一年後に生まれ、第二次世界大戦を経験した。 その後、1949年から1953年まで須田大学で学びました。 言い換えれば、この本は彼の大学を設立した大学卒業生を反映しています。

梅子は、若い梅子の世話をした「アメリカ人の母」アデリーヌ・ランマンに30年間英語で書かれた手紙を詳細に引用し、夢子の人生を彼自身の視点から描いています。 これらのいわゆる屋根裏の手紙は、1984年に大学の本館の屋上で発見されました。

この本のオリジナルの日本語版では、 須田梅子 (あさひしんぶん出版、2019)、大場は英語のアルファベットを優れた日本語に翻訳し、小説家としての彼の創造的な才能を示しています。

しかし、英語版の本では、梅子の手紙は翻訳なしで書かれていると引用されています。 そのため、読者は梅子が英語で書いた正しい単語を楽しむことができます。 このように、英訳は梅子の若い女性としての声を直接表現している。

日本の新しい5,000円紙幣には、須田の写真を発表する本の表紙の日本語版があります。

明治日本に対するフェミニストの視点

これらの手紙には、当時の女性の地位に関する梅子の見解と、この時代の歴史的洞察が含まれています。

かつて、梅子は日本初の首相である伊藤博文の家に住んでいました。 彼女は、妻に英語を教えたり、伊藤家の国内を監督したり、外国の高官を楽しませていたホールであるログメガンで夜を過ごしたりするなど、ユニークな経験をしました。

彼女は書く:

彼ら [Ito’s wife and daughters] 彼らは父親を崇拝しているようで、彼の言葉は誰にとっても法であるが、彼の過ちや道徳は彼らをそれほど気にしないようだ。 悲しいかな、このような間違いはしばしば通り過ぎます、そして女性は助けがありません… (140ページ)

梅子のフェミニストの視点から、明治時代に日本を統治した政治家の舞台裏の歴史を語る彼の批評は魅力的です。

須田の作者への影響

しかし、この本がユニークなのは、須田梅子の伝記としてだけでなく、作家としての大場湊の目覚めの物語としても読めることです。 たとえば、この本では、彼は教育者としての梅子の意識と小説家としての彼自身の意識を扱っています。

しかし、アイデア [to establish a private school] 彼女は彼女がいた時からそこにいました [Umeko] 最初に世界について、または7歳から学びました。 彼女の目的は日本人女性の将来のために外国の土地について学ぶことであるという彼女の若い心に刻印されたとき、その考えは考案され、修復され、そして最終的に発酵されました。 梅子は学校を探すことにしたとき、36歳でした。

私の心は作家として私自身の長い道のりを進んでいます。 その想いを覚えている限りずっと心に留めています…私も36歳で、スリークラブを書いていたときは、その前の20年以上も暇なときに原稿を書いていました。 作家になることが私の運命だと私には思えます…(p。201)

この本は、須田梅子に触発されて権力を握った日本人女性大庭みな子の自伝です。

須田大学正面図Y。

フォローしている学生向け

最後の章のタイトル「苗」をお勧めします。 この章は、オバマの大学時代と彼の人生の探求を描いています。 彼女は戦後、高等教育に進学する女性の割合がまだかなり低いときに須田大学に通いました。 1954年には、大学に進学する女性の割合は2.4%であり、短期大学に進学する女性の割合は2.2%でした。

小場氏は、津田塾大学の創設者と学生たちが「奇妙な献身を共有」し、「梅子のような人々の力」が彼らに有利だったので、彼らがやりたいことを選ぶことを恐れなかったことを思い出した。

大場氏は著書の中で、自民党の森山眞由美氏や元文部大臣の阿松亮子氏など、卒業生を紹介している。 彼らの物語は、梅子が「彼の体と魂のすべての滴」に注いだ種が発芽し、彼らの足跡をたどる無数の女性のために発芽し続けることを伝えています。

小場は彼の著書の中で、須田梅子を「一般的な歴史家ではなく、生きている、呼吸する女性」として描写することを目指しています。 自分の人生と梅子の人生を合わせて、意外と成功しました。Z

本について

タイトル: 津田梅子についての考察:日本の女子教育のパイオニア

著者: 大場美奈子

翻訳者: あなたトニー

出版社: 出版文化産業振興財団(日本図書館)

日にち: 2021年3月(英語)

ISBN:4866581816

フォーマット: ハードカバーとデジタル。

購入する: アマゾンで このリンクで

詳細については: 見る 出版社のウェブサイトここ。

審査員:佐藤真由香教授、Ph.D。

佐藤真由香教授(Ph.D)は、武蔵大学人文・英米文化学部のメンバーです。 彼女は英国の歴史、特に英国と日本の女性参政権運動の歴史を専門としています。 (著者から提供された写真。)

READ  オミグロン知事最新ニュース:日本は新しい変動の深刻さを評価するためにWHOレースの国境を閉鎖します