Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最低賃金を引き上げる菅の努力は、抵抗、経済および主要なニュースに直面しています

東京発-菅義偉首相の最低賃金引き上げ計画は、コビッド19での存続を懸念する中小企業や与党議員たちから、政治的反発を恐れて反対されている。

菅首相は先月、政府はグループ・オブ・セブンの中で最も低い日本の最低賃金を、902円から「より早く」1時間あたり1,000円(12.30シンガポールドル)に引き上げることを目指していると述べた。

政府筋によると、この増加はコロナウイルスの影響を受けた家族を支援し、競争力を高め、インフレを刺激するのに役立つと考えられています。

しかし、日本で労働者の10人に7人を雇用している中小企業は、計画を廃止するよう働きかけています。

公式筋によると、スガ自由党の議員の中には、選挙の年に雇用主からの支持を失うのではないかとの懸念から、反発に抵抗している人もいるという。

中小企業を代表する3つの圧力団体の長は、今月初めに、最低賃金の引き上げに反対することを表明するために珍しい共同記者会見を開き、政府と与党の当局者、日本商工会議所の当局者に、動かないように促した。と産業。 彼は言った。

「共同作業は前例のないものであり、小企業の集合的な意見が表明された」と当局者はロイターに語った。

同事業グループの目村明夫社長は今月の記者会見で、観光業と外食産業は2020年に比べて厳しい時期に直面していると語った。

「全国の中小企業から多くの懸念の声が聞こえます」とメモラは言いました。

日本の政策立案者は長い間、賃金の引き上げを個人消費と燃料インフレを後押しするためのツールと見なしてきました。

理論的には、最低賃金が高くなると、人々の購買力が高まるため、政治的支持を得るのにも役立つ可能性があります。

「デフレから抜け出すための最速の方法は、デフレ政策の一環として最低賃金を引き上げ、労働者の収入を増やすことだ」と、最低賃金を引き上げようとしている自民党議員の少数派の一人である牟田俊輔氏は述べた。

しかし、彼の仲間の議員の何人かは、「私たちが中小企業に敵対しているので、有権者は私たちを支持しないだろうと彼らは言う」と付け加えた。

菅首相の前任者である安倍晋三氏の下で、政府は最低賃金がほぼ横ばいであった昨年までの4年間で最低賃金を3%引き上げた。

日本の最低賃金は1時間あたり約8ドル(10.60ドル)で、米国では7.30ドルより高く、12ドル未満、フランス、ドイツ、英国、カナダでは10ドル、韓国では8.60ドルです。

ロイター

READ  レポート:日本で脱税の調査中の数十人のカルダノユーザー金融およびビジネスニュース