Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最新のニュースアップデート:シドニー空港理事会が175億ドルの買収を承認

シドニー空港の取締役会は、メルボルンを拠点とするIFM Investorsが主導するコンソーシアムへの、オーストラリア最大の取引の1つである236億豪ドル(175億米ドル)での売却を承認しました。

国境が実質的に閉鎖されてから1年半以上が経過した後、国内旅行が再開されたときに売却が行われます。

Sydney Aviation Allianceとして知られるこのコンソーシアムは、1株あたり8.75豪ドルを提供しました。これは、金曜日の終値に対して6.3%のプレミアムです。 コンソーシアムが7月初旬に最初の入札を行って以来、シドニー空港のシェアは40%以上急上昇しました。

オーストラリアの国営航空会社であるカンタス航空の最高経営責任者であるアラン・ジョイス氏は金曜日に、過去2週間で8月の同様の期間の25倍の乗客予約を獲得したと語った。

航空会社はまた、10月に、11,000人の臨時従業員に就労を呼びかけ、今後数か月以内にいくつかの国際路線でサービスを再開する計画を発表しました。

IFM主導のコンソーシアムは、7月に空港に対して1株あたり8.25豪ドルの最初のオファーを行い、その後8月に8.45ドルのローカルオファーを行いました。 現在の最高入札額は、空港がコンソーシアムにデューデリジェンスを実施するための4週間を与えることに合意した9月に行われました。

買収は来年の第1四半期に予定されている株主投票の対象となります。 月曜日の空港の株価は3%も上昇した。

READ  ほとんどの日本の家は短命で、22年しか続かない-そしてここに理由がある-ロブは報告する