Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最新のK-POPムーブの背後にある才能は、20歳の日本人ダンサーです

最新のK-POPムーブの背後にある才能は、20歳の日本人ダンサーです

3月25日(ロイター)-韓国の代表的なK-POPミュージックは、近年世界を席巻し、そのキャッチーな曲と華やかなダンスビデオは、国際的なスーパースターをトップパフォーマーにしています。

しかし、世界的な現象のすべての要素が韓国で作られているわけではありません。

このジャンルのダンスの動きのいくつかは、20歳のダンサー兼振付師の金子理奈によって隣国の日本で作成されています。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

最近のバイラルK-POPダンスビデオの背後にいる才能である金子は、1月のソウル歌謡大賞で最優秀賞を受賞したGOTtheBeatとNCT127の最高のグループのためにデザインされました。

オンラインでReiNaとして知られる金子は、5歳でダンスのレッスンを開始し、数年後のコンテストで最初のオリジナルの振り付けを作成し、中学生までにヒップホップダンスのワークショップを教えていました。

彼女がダンスビデオを投稿しているInstagramの彼女の176,000人のフォロワーには、リアーナのような国際的なスターが含まれています。

金子さんは、2年前にエンターテインメントエージェンシーからK-POPグループの振り付けをデザインするための求人を見つけてメールを開いたとき、ショックを受けたと語った。

「彼ら(韓国のボーイグループ)は非常に大きく、(彼らの振り付けは)私が扱える以上のプレッシャーだった」と金子氏はロイターに語った。

「でも、持っているものはすべて(振り付けに)入れようとしました。また、アーティストを振り付けするのであれば、他のアーティストよりも優れた振り付けを作りたかったのです。」

SMエンターテインメントは、NCT 127の「Favorites(ヴァンパイア)、NCT Uのユニバース(ボールを遊ぼう)、メイク・ア・ウィッシュ、GOT the Beat’s Stepback」の振り付けに金子を雇ったことを確認した。

コロナウイルスのパンデミックにより、旅行を除外することで仕事が少し複雑になり、金子はダンスを非常にゆっくりと説明するビデオや、他の人と一緒に演じるビデオなど、一連のビデオを録画する必要がありました。

東京のスタジオでヒップホップのクラスに通っていた22歳のダンス学生、山田修也は、「彼女は国際的に活躍し、幼い頃から大スターの振付をしている」と語った。 「彼女は私の先生なので、私は彼女を誇りに思い、幸せです。」

東京での指導に加えて、金子は海外のダンサーのためのオンラインクラスを開催し、日本人アーティストのためのステージショーをデザインしています。

ダンスのインスピレーションを得るために、彼女は原宿の東京のファッション地区で買い物をするのが大好きで、履歴書が新たな高みに達すると、彼女はいつもダンスが大好きな隣の女の子になると言います。

「現時点での私の目標は、ダンスが本当に素晴らしいことを世界に示すことです」と彼女は言いました。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

岡本明子による報告; ジェーン・ワードルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ベルリン映画祭で日本のアニメに中国の挑戦