Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最新ニュースの更新:ユーロ圏のインフレ率は3.4%で13年ぶりの高値に達する

ユーロ圏のインフレ率は、エネルギーコストの上昇に支えられて9月に13年ぶりの高値に上昇し、欧州中央銀行に金融刺激策の縮小を開始するよう圧力をかける可能性があります。

欧州連合の統計局が金曜日に発表した予備的な見積もりによると、ユーロを共有する19カ国の消費者物価は1年前から3.4%上昇し、8月の3%から上昇した。 ロイターが調査したエコノミストは、3.3%のインフレを予測していた。

前回のユーロ圏のインフレ率が同じレベルだったとき、リーマンブラザーズは破産したばかりで、ジャンクロードトリシェはまだ欧州中央銀行を運営しており、iPhoneはヨーロッパで1年しか販売されていませんでした。

ユーロスタットは、価格の加速は昨年からのエネルギーコストの17.4パーセントの増加によって推進されたと言いました。 財価格の伸びは前月から2.1%に鈍化したが、サービス価格の伸びは1.7%に加速した。

より不安定なエネルギー、食品、アルコール、タバコの価格を除くと、コアインフレ率は8月の1.6%から9月の1.9%に上昇しました。

エコノミストは、パンデミック関連の封鎖から経済を再開することに関連する一時的な要因が消えるにつれて、来年は衰退する前に、ユーロ圏のインフレは過去最高の4%強に向かって上昇し続けると信じています。

欧州中央銀行は最近、債券購入のペースを遅らせると述べたが、クリスティーヌ・ラガルド総裁は今週、インフレ率が来年の目標である2%を下回ると予想し、景気回復への支援を維持することを約束したと述べた。

READ  ユーロ圏ではインフレは加速するのでしょうか?