Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最新ニュース:政府-19人の死亡者数が500万人を超える

確認されたGovt-19の死亡者数は500万人を超えており、多くのオブザーバーが流行による実際の死亡者数を過小評価しています。

月曜日の早朝にアクセスされたジョンズホプキンス大学がまとめた数字によると、記録が始まって以来、少なくとも5,000,425人がコロナウイルスで死亡した。

世界保健機関は2020年3月に流行が発生したと宣言し、公式の死亡者数は公式に発表されたよりも少なくとも60パーセント高くなると推定しています。 今年初めに世界中に広がり始めた伝染性の高いデルタ変異体は、年間を通じて症例と死亡の発生率が高くなっています。

欧米でのワクチン接種キャンペーンの成功は、症例数が増加している場合でも、死亡と入院を低く抑えるのに役立っています。

しかし、私たちの世界的なデータによると、豊かな国と貧しい国の間の予防接種のギャップは依然として大きく、低所得国の人々の4パーセント未満が少なくとも1回の接種を受けています。

高所得国の場合、対応する率は4分の3です。 データは、ロシア、ルーマニア、および東ヨーロッパの他の国々の貪欲なホットスポットで、最近、個人の死亡者が増加していることを示しています。 フィナンシャルタイムズが編集

WHOは、世界の人口の70%が来年半ばまでに予防接種率に達する2021年の終わりまで、ブースターショットの禁止を求めています。

世界保健機関のチーフサイエンティストであるSoumyaSwaminathanは先週、世界中で毎日注射されるブースターの数は約100万発であり、低所得国で1日に投与されるワクチンの数は3倍または約33万回であると述べました。

READ  リサの日本一周/ヨル:養老天命反転の現場で禅のように感じる:朝日親藩