Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最終世論調査では、フランスの早期選挙に向けて極右政党「国民集会」が強い立場にあることが示されている

最終世論調査では、フランスの早期選挙に向けて極右政党「国民集会」が強い立場にあることが示されている

金曜日にフランスで行われる初期選挙で選挙運動が最終段階に達する中、マリーヌ・ルペン氏率いる国民結集党が世論調査でリードを広げている。

これはエマニュエル・マクロン大統領が呼び掛けた極めて重要かつ物議を醸す選挙であり、同氏の中道派政府は極右の手によって致命的な敗北を喫する危険にさらされている。 フランスは日曜日、2回の投票のうち第1回投票に向かう。

世論調査では、極右国民戦線が国会議員の数を大幅に増やすことができることが示されており、今回の選挙はEU最大国の進路を根本的に変え、EUの立役者であるマクロン氏の政権を妨げる可能性がある。 EU の意思決定プロセス – 彼の 2 番目で最後の大統領任期からの残りの期間。

同紙が発行したOpinionWayの調査によると、RNは37パーセントを獲得した なぜエコーするのでしょうか? 1週間前と比べて2パーセントポイント増加 マクロン大統領率いる中道派「共に」ブロックの得票率は20%と予想されており、前回調査から2ポイント減少した。

世論調査ではまた、左派新人民戦線連合が先週と変わらない28%の票を獲得する可能性があることが示された。

この世論調査では、次期フランス国民議会の議席数については何の予測も示されておらず、2回投票の多数決制度により、測定された一般投票とは大きく異なる可能性がある。 イラビの別の世論調査でBFMテレビは、国民戦線とその同盟者が新議会で最終的に260議席から295議席を獲得する可能性があり、これは289議席の壁を超えて絶対多数を獲得し、明確な任務を与えることになるだろうということを明らかにした。統治する。

結果はフランス全土 577 の選挙区の結果に左右されるため、選挙結果を正確に予測することは困難です。 さらに、日曜日の第1回投票の後、7月7日の第2回投票で極右候補者を破るために、全国集会のライバルたちが協力して戦術的な動きで候補者を撤退させる可能性がある。

国民集会主導の政府、あるいは議会の機能停止によって政治が麻痺する可能性があるとの見通しが金融市場を動揺させ、金曜日にはフランス国債のリスクプレミアムが2012年のユーロ圏危機以来の最高水準に上昇した。

国民集会が完全勝利すれば、同党は2027年までの残り任期の間、マクロン氏と気まずい「共存」をする立場に置かれることになるが、フランス大統領が政党外の政党と権力を共有しなければならないのは初めてとなる。政治の主流。

ガブリエル・アタル首相は木曜日、白熱したテレビ討論会で極右陣営の人種差別的発言を容認しているとして国民党のライバル、ジョーダン・バルデラ氏を非難したが、バルデラ氏はこの告発を拒否した。

6月初めの欧州議会選挙でマクロン氏が率いる国民戦線が得票率30%以上を獲得し、フランス大統領率いる中道連合を大敗したことを受け、マクロン氏は早期選挙の実施を呼びかけた。

RNはフランスにおける移民の権利制限を提案する綱領を掲げて選挙に出馬している。 同氏の政策の中には、仕事や社会保障を求める際にフランス生まれの人々を優先する「国民優遇」計画も含まれている。

フランスは戦後の歴史の中で、大統領と政府が対立する陣営に属していたときの「共存」の時代を3度経験した。

ルペン氏は金曜日、ブリュッセルの欧州委員会のフランス当局者就任というマクロン氏の希望にフランス国民党首相が反対するだろうと述べ、共存が引き起こす可能性のある衝突の種類を予感させた。

「フランス長官の任命は大統領ではなく首相の特権だ」と彼女はヨーロッパ1ラジオに語った。 外交筋は木曜日、マクロン大統領が現在欧州委員会の域内市場ポートフォリオを保有する元実業家のティエリー・ブルトン氏の新任期を支持していると述べた。

ロイター通信とAP通信がこのレポートに寄稿しました

READ  「私はここで死ぬつもりです、私はアフリカに戻ることができません」:ルワンダの強制送還に対する移民の反応| 移民