Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

最近のウイルス緊急事態は、日本の景気回復への期待を弱める可能性があります

エコノミストは、コロナウイルスのパンデミックをめぐる日本の新しい非常事態は、消費を抑えることにより、乳児期の景気回復への期待を損なう恐れがあると警告しています。

菅義偉首相は金曜日、東京と大阪、京都、兵庫の西部県で、来たるゴールデンウィーク中のCOVID-19の増加を抑えるために、日曜日から5月11日までの第3の非常事態を宣言した。 休日は、旅行で一年で最も忙しい時期の1つです。

この発表の下で、地方自治体は、アルコール飲料を提供する施設、スーパーマーケット、ショッピングセンターを閉鎖するなど、より厳しい制限を課す予定です。

大和総研の神田圭司チーフエコノミストは、緊急措置の影響を考えると、「今四半期は景気がマイナス成長する可能性が高い」と述べた。

多くのアナリストは、東京、大阪、その他の都市部を含む国の一部で第二の非常事態が発生した前四半期の落ち込みから、日本経済は4月から6月に回復すると予測しています。 この緊急事態の下で、早期閉鎖が必要なレストランやバーなど、外食産業は大きな打撃を受けました。

1月から3月のGDPデータは来月発表される予定ですが、エコノミストはすでに世界第3位の経済の縮小を予測するのに十分な悲観論を持っています。

日本経済研究センターが今月初めに発表した36人のエコノミストの中央値予測によると、経済は前四半期から3か月で前年同期比6.09%縮小すると予想されています。

世論調査では、彼らはまた、経済が次の四半期に回復すると予想しています。 しかし、この楽観的な見方は、ウイルス、特にその伝染性の高い可変株の予想外の急速な拡大によって薄れつつあります。

酒類販売店だけでなく、スーパー、モール、遊園地などの主要な商業施設への要請は一時的に閉鎖する必要があり、3番目に大きな緊急事態により国内総生産が6000億円(国内総生産)減少すると見込まれています。月額56億ドル)神田氏は語った。

菅氏は記者会見で、「ウイルスの拡散をさらに防ぐことに成功すれば、(経済への)影響はそれほど大きくないだろう」と述べ、多くの企業がすでに閉鎖されている場合にのみ集中的な対策が講じられると強調した。黄金期。 一週間。

ただし、この主張を額面どおりに受け取るアナリストはほとんどいません。

政府の計画通り、非常事態が数週間で終わるとは思いません。 神田氏は、「2ヶ月程度に延長される可能性があり、対象地域も拡大する可能性がある」と述べ、最近の非常事態宣言が全国に拡大すれば、経済的被害はさらに大きくなるだろうと付け加えた。

実際、最初のウイルス緊急事態は、4月上旬に東京と6県に最初に発行された後、昨年春に全国の47都道府県すべてに約1か月間拡大されました。

最初のウイルスの緊急事態は、昨年4月から6月にGDPで29.3%の実質年間記録の縮小を引き起こしました。 それ以来、経済は2四半期連続で2桁の成長を遂げて回復しています。

神田氏は、「ワクチンが普及するまで、景気回復は鈍化するだろう」と述べた。

SMBC日興証券のチーフエコノミスト、丸山義正 、今四半期の経済は毎年実質4.0%縮小しました。

三度目の緊急事態は、1月から3月の水準から1.3兆円の消費削減が見込まれると述べた。

丸山氏は、宿泊・外食産業は、パンデミックとその後の危機対策の結果、すでに大幅な売上減少に見舞われているが、新たな緊急事態による被害は、小売業者や娯楽サービスプロバイダーなどの他のセクターでより顕著になる可能性があると述べた。 。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  中国のライドヘイリングディディは米国で40億ドルのIPOを求めています