Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

有名なアメリカ人アーティスト、ゲイツが東京でのショーで黒人と日本の文化を融合させた

有名なアメリカ人アーティスト、ゲイツが東京でのショーで黒人と日本の文化を融合させた

アメリカの現代アーティスト、シアスター・ゲイツは、日本での初個展は、アフリカ系アメリカ人のユニークな歴史と文化に根ざしたアジアの国からの長年にわたる影響の集大成であると語る。

日本の黒人アーティストによる最大の個展で、ゲイツは、シカゴ生まれの彼が住み、陶芸を学んだ日本の海辺の町トコナムの陶芸の伝統を織り込みながら、文化的ハイブリッドのアイデアを探求します。 若い才能にインスピレーションを与える。

「(日本との)関係を長い間育んできた。故郷に帰ってきたような気分だ」と50歳の彼は、4月下旬にラーム・エマニュエル駐日米国大使が出席したイベントで語った。 展覧会は東京の森美術館で9月1日まで。

世界で最も影響力のある現存する現代アーティストの一人とみなされているゲイツは、彫刻家や都市計画家としても訓練を受け、シカゴの恵まれない黒人地区を活性化するプロジェクトを含め、彫刻やインスタレーションから音楽に至るまで幅広い表現を行っている。 放棄された建物をアートとコミュニティのスペースに変えることでサウスサイドを作ります。

2024年4月24日、東京の駐日米国大使公邸で行われたイベントで講演するアメリカ人アーティスト、シアスター・ゲイツ。 (京都)

ゲイツさんはシカゴに強いルーツを持ちながらも、日本の中部にある愛知県常南市を自身の現代陶芸技術の発祥の地と考えており、2004年に外国人芸術家のための同市の陶芸ホームステイプログラムに登録した。

「それは本当に人生を変えるものでした」とゲイツ氏は最近のメディアインタビューで常滑での滞在について振り返り、日本の酪農家とのホームステイについて触れたが、それは彼のこれまでの経験や交流とは全く対照的だった。 多くの陶芸家たちと「昼も夜も苦労して」働いた。

「私は才能を教えられなかったし、誰も私を適切に訓練してくれなかった」と付け加え、「私は偉大さの周りにいた。私は努力家の周りにいた。そして私は勤勉で偉大になりたかったが、スーパースターアーティスト的な意味での偉大さではなかった。- -でも、それが私がやらなければならないと分かっていたことだということを確信したかったのです。」

「ドコナムがそれを与えるのを手伝ってくれた」と彼は言った。

東京での展覧会は「アフロ・ミンジ」と題され、ゲイツが黒人アーティストとして日本との出会いを通じて模索していたコンセプトを形にするために制作した。「ミンジ」とは日本語で民芸品を意味する。

アフロ・ミンジは「人が創造と友情を通じて文化的影響の可能性に身を委ねたときに何が起こるかを証明するものである」とゲイツ氏は博物館で発表された書面メッセージの中で述べた。

写真提供:頃田健「ドーリア式神殿の黒い器」(2022-2023年)ほか、森美術館「シアター・ゲート:アフロ民芸」のインスタレーション風景、東京、2024年(写真提供:森美術館)(共同通信) )

民芸運動は、無名の職人によって作られた普通の物の美しさを認識するために 1920 年代に成長しましたが、ゲイツはそれを、米国の「黒は美しい」運動と同様、西洋化と工業化の真っただ中での文化的な「抵抗」とみなしています。 1960年代に。 アフロヘアスタイルなどの自然な黒人の特徴を取り入れることで、ヨーロッパ中心の美の基準に挑戦しました。

ミンゲ氏は「日本の創造性と職人技の発展に貢献するアイデアを他国に提供した」とゲイツ氏は述べ、熟練した技術者を強制することによって進歩した日本の陶器の歴史の物議を醸す側面を見落としたくなかったと述べた。 16 世紀の豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に日本に来た朝鮮の陶工たち。

ハモンド B3 電子オルガン、黒人教会のパイプ オルガンの代替品、警察が高圧消火ホースを使用して消火活動を行った様子を示す、廃止された消防ホースで作られたタペストリーも展示されています。 1960 年代にアメリカ公民権運動に参加した平和的な抗議活動参加者。

同時に、ゲイツはショーを通して、アフリカ、日本、韓国、中国の陶芸の伝統を思い出させ、シカゴの「穴窯」に似た窯で作られた他の文化的要素をあからさまかつ微妙に持ち込んでいます。 ドゴナム。

常滑で作られた黒いレンガがギャラリーの床を覆い、日本の都市の産業用陶器生産の歴史とアメリカの多くの奴隷化された人々の歴史を結びつけています。

ゲイツ氏はアーキビストとしても知られているため、展示品の一部には黒人の歴史と文化に関する図書館が再現され、別のセクションには常滑陶芸家の故小出義弘氏による2万点の陶磁器のコレクションが展示されており、ゲイツ氏は展示会終了後にシカゴに持ち帰る予定だという。 。 たくさん積まれて新聞紙に包まれています。

写真:頃田健、小出よしひろコレクション(1941-2022)他展示風景、シアター・ゲイツ:アフロ民芸、森美術館、東京、2024年(共同)

展覧会の最後にはバーのような雰囲気が生まれ、エリアの中央にはミラーボールのように輝く氷河をかたどった彫刻が回転し、近くの棚には陶器製の日本製の詰め替えボトルが1,000本並んでいる。

芸術家として名声を博した後も、ゲイツ氏は常滑市にこだわり続けており、日本の他の主要な陶磁器生産地と比較してこの市の知名度を高める役割を果たしたいと述べた。

名古屋から約 40 キロ南に位置する常目窯は、中世にまで遡る日本六古窯の 1 つです。 しかし、展示品の説明文によると、急速な工業化と大量生産品の需要が陶磁器産業に大きな打撃を与え、職人の生産量は最盛期の3分の1にとどまったという。

ゲイツ氏は常滑の陶工たちの支援を受けながら常滑で陶器を作り、地元企業と協力して「門」という名前の老舗醸造所を設立しました。

ゲイツ氏は、常滑の現代美術や伝統工芸を学ぶ若者たちは、世界的に知名度を高めるために美術展やギャラリーでの活動を好むと示唆した。

「日本の陶器は、日本国外で代表的な存在として成長しています。ですから私は、常南の若い陶芸家を増やす一翼を担いたいのです」とゲイツ氏は、元シカゴ市長で芸術家の作品を支援し続けている米国大使に語った。 。

ゲイツさんは笑いながら、「年をとったので、他の人をサポートすることに集中する必要性を手放す準備ができていると感じている」と語った。


関連報道:

特徴: この映画は、神話上のひよこの目を通して変わりつつある日本の田舎を描いています。

特集:映画で描かれた濃密なコミュニティを築いた東京のラーメン店


READ  日本のテレビドラマは、より多くの若者を法医学の分野に駆り立てています