Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

木星と月が夜空に近づくのを見る

土曜日の夕方(8月21日)の日没から約45分後に出て、一目で月と太陽系で最大の惑星の集まりに参加することができます。これは東と南東の空の非常に低い場所です。 。 。

空が適度に澄んでいると仮定すると、月が惑星の近くを通過するのを見ることができます 木星。 DSTの午後10時30分までに、印象的な天体のデュオが見えるようになります。これは、南東の地平線より約4分の1高く、ポイント(天頂と呼ばれます)のすぐ上にあります。 正式には12時間以内に完全に回転し、木星の右下、約5度の位置に配置されます。

READ  カリフォルニアは屋内の公共スペースでの大量の隠蔽を要求します-締め切り