Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

未使用のCOVID映像は、普及が遅い中、日本で山積みになっています

コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの用量注射は、2021年3月5日、東京のコマガム病院の東京メトロポリタン癌感染症病院で展示されています。津野義和/ REUTERS経由のプール

日本の未使用のCOVID-19ワクチンは、今後数週間でさらに2回の接種を承認する準備ができており、労働力と物流上のボトルネックのためにワクチン接種キャンペーンのペースが遅いままであるため、数千万回の接種に達する予定です。

日本は4月下旬にファイザー社(PFE.N)から2800万回分のCOVID-19ワクチンを輸入しましたが、これまでのところ在庫の15%しか使用しておらず、残りの2400万回分は冷凍庫に残っています。

日本のワクチン供給は、規制当局が5月20日にModerna Inc(MRNA.O)とAstraZeneca Plc(AZN.L)によって開発された映像を承認する決定を下す準​​備をしているため、急激に増加する予定です。

モデルナワクチンの最初のバッチはすでに到着しており、推定3,000万回分のアストラゼネカが地元のパートナーによって準備されています。

ファイザーの出荷も今月と来月に3500万回以上に加速する予定です。

しかし、すべてのショーで、日本は夏季オリンピックに備えてアジアで最大量のCOVID-19ワクチンを接種しましたが、医療従事者と高齢者には400万回強のワクチンが接種されました。

ワクチン接種はこれまでのところ人口の2.2%に過ぎず、先進国の中で最も遅い国であり、政府は7月までに3600万人の高齢者にワクチン接種するという野心的な目標を掲げています。

これを達成するために、日本は政府にキャンペーンをこれまでの最高の日の2倍以上のペースでスピードアップするように促しているビジネスリーダーのグループによると、1日あたり約80万ラウンドを管理する必要があります。 続きを読む

ワクチン担当大臣の河野太郎氏は、ワクチン予約制度には障害があり、大都市の需要は定員を超えていると述べた。

河野氏は金曜日、記者団に対し、「地方自治体の職員やコールセンターの職員も一生懸命働いているので、できるだけ苦情を申し立てないようにお願いしている」と述べた。

日本は、ほとんどの主要経済国の後、2月に予防接種キャンペーンを開始し、物流上のハードル、特に労働力がキャンペーンのペースを遅らせました。

東京の南、神奈川県の医師兼研究者であるジェンダイカズアキ氏は、約200万人の医療従事者がまだ最初の注射レジメンを待っていると述べ、これは医学界にいくらかの欲求不満をもたらしました。

「何が起こっているのかについてはあまり透明ではありません」と、まだ2度目のチャンスを待っているジンダイは言いました。

政府は国防省に5月24日までに東京と大阪に集団予防接種所を設立するよう依頼した。 しかし、一般的に注射を受けるためのタイムラインはまだありません、そして、何人かの健康専門家はそれが冬かそれ以上かかるかもしれないと予想します。 続きを読む

アストラゼネカと河野の代表は、承認スケジュールに関するNHKレポートへのコメントを拒否した。 モデルナワクチンの輸入を扱っている武田薬品工業(4502.T)はすぐには反応しなかった。

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  Solersは日本企業と協力して自動車のサブスクリプションサービスを開発 - ビジネスと経済