Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

未使用のCOVID-19ショットが日本でゆっくりと転がっています

日本で未使用のCOVID-19ワクチンは、今後数週間でさらに2回の接種を認識する準備ができているため、数万回に達するでしょう。また、人員とロジスティクスの問題により、ワクチン接種キャンペーンのペースは鈍化しています。

日本は4月下旬に2800万回分のファイザー社のCovit-19ワクチンを輸入しましたが、これまでのところ、予備の15%しか使用しておらず、残りの2400万回分は冷凍庫に保管されています。

公共放送NHKは木曜日遅く、規制当局が5月20日にModernaInc。とAstrogenegaPLCが制作した映像の承認を決定する準備をしているため、日本のワクチン供給は大幅に増加すると述べた。

モデルナワクチンの最初のバッチはすでに到着しており、3000万回分のアストラゼネカショットが地元の同棲パートナーによって生産されています。

ファイザーは今月と来月に3500万トン以上を出荷すると予想されています。

しかし、これらすべての分布に対して、日本は夏季オリンピックに備えてアジアで最も多くのKovit-19ワクチンを保有しており、医療従事者と高齢者に400万回以上のワクチンが投与されています。

これまでのところ、人口の2.2%しか予防接種を行っておらず、最も裕福な国で最も遅い国であり、政府は7月までに3600万人の高齢者に予防接種を行うという野心的な目標を設定しています。

その目標を達成するために、日本は1日あたり約80万回の視聴回数を管理する必要があり、ビジネスリーダーのグループは、これまでで最高の日の2倍以上の速度であるキャンペーンのスピードアップを政府に求めています。

河野太郎ワクチン相は、ワクチン予約制度には軽食があり、大都市での需要は容量を上回っていると述べた。 | 京都

予防接種担当大臣河野太郎氏は、ワクチン予約システムでのスナックの入手可能性は、大都市の需要容量よりも高いと述べました。

河野氏は金曜日、記者団に対し、「地方公務員はコールセンターの職員と同じように一生懸命働いているので、できるだけ苦情を申し立てないように要請する」と述べた。

日本は2月にワクチン接種を開始し、それ以来、物流の障壁、主に人的資源を含むほとんどの主要経済国がキャンペーンを遅らせてきました。

神奈川県の医師兼研究者である粕脇神大氏は、約200万人の医療従事者がまだツーショットの条件を待っているため、医学界に不満を引き起こしていると述べた。

「何が起こっているのかはあまりはっきりしていない」とジンダイはセカンドショットを待っていると言った。

政府は国防省と協力して、5月24日までに東京と大阪に集団予防接種基地を設立した。 しかし、一般の人々がいつ映像を受け取るかについてのスケジュールはまだありません。一部の健康専門家は、冬かそこらまでかかると予想しています。

アストラゼネカと河野事務所の代表は、承認期限に関するNHKレポートについてコメントを控えた。 現代のワクチンの輸入を扱っているDaketaPharmaceutical Co.は、すぐには反応しませんでした。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  文書の損傷に関与した故日本の公務員の妻は完全な真実を要求しています