Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

未承諾買収の増加に伴い、日本はより広範な公開買付け規則を検討

未承諾買収の増加に伴い、日本はより広範な公開買付け規則を検討

[東京 2日 ロイター] – 日本の金融規制当局は、公開買付を必要とする取引の範囲を拡大することを検討している。一方的な買収がより一般的になっているため、このような規則の 17 年ぶりの改正となる。

金融庁(FSA)は木曜日、企業が事実上買収される可能性がある株式市場で規制されていない株式の構築が増加したことを受けて、専門家パネルに買収ルールの見直しを依頼した.

現在、企業の株式の 3 分の 1 以上を市場外で購入したい場合、買収者は公開買付けを行う必要があります。

公開買付けは、会社のすべての株主に、通常、指定された価格と指定された期間で、買い手に株式を売り渡す機会を与えます。

しかし、日本の公開買付規則は、市場での建物の持ち分には適用されず、専門家は、他の株主が取引についてコメントせずに実質的に引き継ぐことを可能にする抜け穴であると述べています.

最新のアップデート

あと2話見る

この問題は、東京に上場しているアジア開発資本 (ADC) (9318.T) が印刷機メーカーの東京機械製作所 (6335.T) の株式 40% を数週間のうちに市場に上場したときに注目された。 重要な理事会の決定に対する拒否権を与える。

金融庁は、有識者会議で、部分的な買収をどこまで認めるべきかについて議論するよう求めた。

現在、買収者は、対象企業の 3 分の 2 以上を取得しようとする場合にのみ、既存の株主が応募したすべての株式を購入する必要があります。

批評家は、このような部分的な公開買付けは、残りの株主を上場企業の株式の流動性が低い少数株主に変える可能性があると述べています。

また、委員会は、投資家が共同保有者の開示規則に違反することなく企業に共同提案を行うことを可能にする既存のルールを明確にすることも検討します。

現在の規制では、「協調して行動している」と見なされる投資家は、所有権を開示する書類を提出する必要があります。 一部の投資家は、規則のあいまいさが、株主が企業のガバナンスを改善するために協力することを思いとどまらせていると述べています。

金融庁によると、委員会は、企業が株主名簿でカストディアンの背後にある株主をより簡単に特定できるようにするための措置について話し合う予定である、と FSA は述べた。

山崎真紀子による報告。 清水律子による追加報告。 Sonali PaulとJane Merrimanによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の指導者、NATO首脳会議に向かう途中ポーランドで防衛・通商協議を開催