Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

朽ち果てたC3コルベットや日本のスポーツカーで埋め尽くされた日本最大の自動車墓地をYouTuberが発見

朽ち果てたC3コルベットや日本のスポーツカーで埋め尽くされた日本最大の自動車墓地をYouTuberが発見

この奇妙に見える車の墓場は、地球上で最も憂鬱な場所の 1 つになる可能性があります。 まるで『アイ・アム・レジェンド』のゾンビ映画のようだ。 日本在住のオーストラリア人ユーチューバー、サム・ルーカスさんは最近、彼が日本最大の自動車墓場と呼ぶ場所の動画をアップロードした。 ドバイにある広大な墓地が、埃をかぶった高級車やその他のエキゾチックな車で埋め尽くされているようなものではありません。 27分のビデオでは、サムと友人のダイキが現場を探索し、かつての水田の茂みの下に埋もれた放置された車の大規模なコレクションを発見する様子が見られる。 サムは、以前に自動車墓地を訪​​れたことがあるが、田んぼに氾濫した水に車が浸かってしまったため、車に近づくことができなかったと主張することからビデオを始めます。

このユーチューバーは、福島ではないことを述べた以外は、日本の墓地の正確な場所を明らかにしなかった。 二人が最初に気づいたのは、C3 コルベットが屋外で腐り、屋根が崩れ、ボンネットが引き裂かれたことでした。 しかし、彼らはすぐに、その敷地内が放置されたC3車でいっぱいであることに気づきました。 おそらく、日本ではすべてのクラシック コルベットがここで消滅するでしょう。

YouTube 経由 / @SAMMIT

シボレーは、1967 年から 1982 年にかけて、第 3 世代コルベット スポーツカーを生産しました。 落ち葉に覆われたヴェットを数台見つけた後、サムは錆びた全金属製のシャーシと、その上にアメリカのスポーツカーの他の 2 台が支えられているのを見つけました。

YouTube 経由 / @SAMMIT

藪や背の高い草、捨てられた家財道具の中を進みながら、サムは、遠くから見ると小さな丘のように見えたものが、実際には廃車や自動車部品、金属くずやその他のアイテムの山であることを発見しました。 ほとんどの車は見分けがつかないほど破損し、錆びています。 たとえ密集した茂みであっても、敷地内で車が腐ることはほとんど不可能です。 その後、YouTuber は墓地の中で、放棄された古い作業場のように見える部分を発見しました。 彼は、故障した車のリフトの下で古いダットサン Z のフレームも見つけました。

YouTube 経由 / @SAMMIT

このオーストラリア人は、平らで逆さまになった A70 トヨタ スープラに出会うとさらに興奮します。 藪に覆われているが、サムはテールライトのおかげでそれがスープラであることだけを認識する。 墓地にあるほとんどすべての車は修理不能ですが、サルベージできれば高額になる可能性のある非常に興味深い車両もいくつかあるため、これは非常に残念です。 このユーチューバーは、放置された車は実は盗難車である可能性があると考えている。 同氏はまた、この場所は「埋め立てられた政府所有物」であり、「不法投棄」の既知の場所であるとも述べた。

YouTube 経由 / @SAMMIT
YouTube 経由 / @SAMMIT
READ  トーナメントのまとめ:ミトロビッチがフラムの勝利で得点記録を樹立| チャンピオンシップ