Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

村上春樹が日本首相のCOVID応答を非難する:「彼は彼が見たいものだけを見る」

日本の著名な小説家、村上春樹は、日本の菅義偉首相がコロナウイルスのパンデミックに対応したことを批判しました。

村上氏は昨日(8月29日)の月例ラジオ番組で、菅氏はCOVID症例の増加とパンデミックの状況に関する国民の懸念を無視していると述べた。

村上氏は菅首相の最近のコメントを引用し、首相は「長いトンネルを抜けた後、私たちの目には道が見えてきた」と述べた。

「本当に出口が見えるのなら、彼の目は彼の年齢にとってとても良いはずです。私は菅さんと同じ年齢ですが、出口はまったく見えません」と村上氏は語った。

「彼は他の人の言うことを聞いていないようだ。そして、よく見える目しか持っていないかもしれないし、彼が見たいものだけを見ているかもしれない」と彼は言った。 「まだ道が見えないが、利用可能なすべてのものを利用しながら、本当に道が見え始めるまで生き残らなければならない。」

日本政府は、感染率への懸念にもかかわらず、最近のオリンピックとパラリンピックを東京で開催することを許可したという批判に直面している。

菅首相の任期が始まった昨年9月の約70%から、昨年8月の菅政権への支持は30%未満に落ち込んだ。

先週、日本の約4分の3をカバーする、Covid-19の拡張された緊急措置が発表されました。

APからの追加レポート

READ  日本は非常事態を拡大し拡大する準備をしている