Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

来年空に届く日本のドローン製バイク

日本のモデル静香-富士山のふもとにあるほぼ空の競馬場で、東京のドローンスタートアップは、時速100kmまでの速度に到達できる空飛ぶオートバイという輸送の未来に対するビジョンを明らかにしました。

サイエンスフィクションの映画の真っ直ぐなシーンで、運転手はXturismoを起動しました。これは、地面から数メートル上昇し、トラックに沿って約1分半続きました。 記者とゲストは、耳をつんざくような音に耳栓をつけて見守っていた。

ALI Technologiesが開発した、同社が説明する「自転車」は、重量が300 kgで、1人の乗客を運ぶことができます。 同社によれば、全速力で最大40分走行できるという。

京セラと三井住友海上保険ベンチャーキャピタルの支援を受けているALIは、発表されたその日から自転車の注文を開始し、来年上半期までに200台の限定車を顧客に提供する予定です。 価格は7770万円(682,000ドル)に設定された。

Xturismoは、主に内燃エンジンを搭載しており、2つのメインファンを使用して空中に留まります。 このバイクは、ALIがドローン製品で使用しているのと同じ高さ制御技術を備えており、空中をスムーズに滑ることができます。

「このフローティングカーで新しいライフスタイルを提案したい」とCEOの片野大輔氏は車の除幕式で語った。

式典に出席した日本の与党自民党員は、余暇だけでなく、自転車は水上での事故から人々を救うためにも使用できると述べた。

ALIの4年間の成果は、世界中で二輪車の販売競争が激化する時期にあります。 米国を拠点とするJetPackAviationは最近、Speederのプロトタイプの飛行試験に成功し、早ければ2023年に発売に向けて準備を進めていると述べています。予約注文は$ 380,000から始まります。 フランスのスタートアップLazarethも空飛ぶオートバイを開発しています。

「このフローティングビークルで新しいライフスタイルを提案したい」とALIテクノロジーズの片野大輔CEOは語った。 (写真:小林健)

2020年1月にトヨタ自動車が米国を拠点とするJobbyAviationに430億円を投資するなど、空飛ぶ車への投資が進んでいます。中国の電気自動車会社Xpengが支援する空飛ぶ車会社HT Aeroは、先週、ラウンド。最近の資金調達。

本田技研工業は先月、研究開発の一環として、今後6年間で5兆円相当の空飛ぶ車を開発していることを明らかにした。

READ  東京ディズニーリゾートにやってくるミニーマウス全体のスペシャルイベント