Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東京が安全保障白書で台湾に言及した後、中国は日本に完全な代表を与える



ANI |
更新しました:
2021年5月16日22:48 有る

北京 [China]、5月16日(ANI):中国外務省のスポークスマンは、東京が安全保障声明草案で初めて台湾に言及した後、中国は日本に独自の代表を与えたと述べた。
同省によると、日本は中国の内政に繰り返し干渉していると環球時報は報じた。
「最近、日本は繰り返し中国に中国の内政に積極的に介入し、中国の通常の国家安全保障インフラと軍事作戦に指を向けるよう求めてきた。
彼は、日本の行動は非常に間違っていて無責任であると述べ、中国はすでに日本に完全な代表を与えていたと付け加えた。
両者は70年以上にわたって別々に統治してきましたが、北京は中国の南東海岸に位置する約2,400万人の民主的な台湾に対する完全な主権を主張しています。

華氏は、台湾は中国の領土であり、台湾の問題は中国の内政であると述べ、中国はいかなる国も台湾の問題に干渉することを許可しないと付け加えた。
環球時報によると、日本は安全保障白書の漏えい草案の中で、「台湾周辺の状況の安定は国際社会の安全にとって重要である」と述べた。 調査は正式に閣議に持ち込まれる予定であり、7月に発表される予定です。
ホワイトペーパーは、係争中のテオユ島周辺の中国海警局のパトロールが国際法に違反していると述べた。
係争中のテオユ諸島(尖閣諸島)は中国が領有権を主張しているが、日本が支配している。
Huaは、Dioyu島を巡視することは中国の権利の行使であり、それは通常の法執行であると述べた。 彼は、日本はそのアプローチを調整し、中国の主権を尊重し、地域の安定を守ることに正直であると述べた。
しかし、日本のメディアは、日本が中国の高まる圧力に対抗するために今月後半に米国と台湾との「戦略的対話」を開催することを目指していると報じた。 (ANI)

READ  リオティントが二酸化炭素排出量削減プログラムの一環として日本のGVCネットワークに参加